アニメ

劇場版『妖怪ウォッチ』の映画第2弾が2015年冬の理由、原因は?

投稿日:

2014年の流行りモノ、といえば『妖怪ウォッチ』で決まりではないでしょうか。

『アナと雪の女王』も壁ドンも日本エレキテル連合も凄かったですが、ゲーム、アニメ、映画とメディアミックスした全てのジャンルで社会現象を巻き起こした様はまさにバケモノ並でしたよね。

そして、現在公開中の劇場版アニメは前売り券の販売数が東宝の史上最高枚数となる84万枚を記録するなど公開前から大ヒット。

 

https://www.youtube.com/watch?v=KARBfoKUjq8

 

プロモーションとして宇宙探査機イトカワとコラボレーションしたことも話題になりましたよね。

今回は少しというか、かなり気が早い劇場版第二弾の話題です。

 

『妖怪ウォッチ』劇場版二作目の公開時期は何故冬なのか?

現在大好評公開中の『妖怪ウォッチ』ですが、公開前に二作目の制作が決定していました。

しかも公開時期は冬ということまで決定しています。

でもなんで冬?と思わなかったですか?

大ヒット確実なのですし、鉄は熱いうちに打てとも言います。この社会現象とも言えるブームがもしかしたら終わるかもしれません。だったら劇場の動員が見込めるゴールデンウィーク、夏休みでも良いようなものです。

これにはいくつか理由が考えられると思うのですが、一番の理由は冬が〈空いている〉からでは無いでしょうか。

 

あまりに恒例になりすぎて気づきにくいのですが、人気アニメの定番映画って公開時期が決まっているんですよね。

『ドラえもん』は春、『クレヨンしんちゃん』『名探偵コナン』はゴールデンウィーク、『ポケットモンスター』やスタジオジブリは夏休み。

これは、元々年末年始は洋画や邦画の話題作が集中することからこれを避けての恒例化だと思われますが、今となっては冬の洋画や邦画の集客が落ち、しかもアニメ作品の話題作が公開しない絶好の穴場になっていたんですね。

そこに目を付けたのが『妖怪ウォッチ』。これ幸いと今シリーズを冬の定番化としようという思惑のようです。

 

この思惑の裏には、前述したような来年の冬までブームは続いているのかという疑念を払拭するだけの自身とプランがあるように感じます。

現に先日もアニメ『妖怪ウォッチ』の世界での放映が発表されました。

2015年はもしかしたら、今年を超えたブームが巻き起こるかもしれませんね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-アニメ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.