映画

『グラスホッパー』瀧本智行監督で映画化!生田斗真、浅野忠信などキャスト発表!

投稿日:

先日も映画化の話題で紹介したグラスホッパー、ついに!キャストと監督が

発表になりました。

原作ファンとしては一安心、というか大いに期待出来そうな面々での発表でした。

 

先ず今作で主演することが決まったのが生田斗真

彼が演じるのは、物語の主役であり、恋人を殺された復讐のために中学教師という

社会的地位を捨て裏社会に潜る男、鈴木。

奇人変人の集まる劇中で最も普通といえるかもしれないキャラクターだけに、逆に

難しい役どころではあるけれど彼の演技力なら心配なしですね。

というか原作イメージそのままかも。

 

次に、特殊能力を持った殺し屋、鯨役に浅野忠信

映画『私の男』の名演で第36回モスクワ映画祭で主演男優賞を受賞するという快挙を

成し遂げた彼。今や日本映画界になくてはならない俳優さんの一人です。

普通の男から怪人まで自然体かのように演じてみせるその演技力には感嘆せざるを得ません。

今回の役もそうとう特殊な部類に入るので、ワクワクがとまらないです。

 

そして今作で圧倒的人気を誇る若者の殺し屋の蝉に山田涼介

キャラクター自体はコテコテというか、ある一定のラインまでは演じやすいキャラクターでは

あるけれど、評価されるような演じ方となると格段に難しいというか。

大須賀めぐみファンには残念なお知らせ、なのかな。

ジャニーズの役者さんは突然化ける事もあるし、期待したいです。

それにこの監督さんならそういう心配もいらないかも。

 

そんな風に思わせてくれる、今作でメガホンをとる事になったのが瀧本智行監督。

代表作は『脳男』、生田斗真とは二度目のタッグですね。

初めてこの監督の作品を見たのは2007年の『犯人に告ぐ』でした。

雫井脩介さんの原作を、映像ならではといった味付けをされていたのが印象的で。

そういった意味では『脳男』も原作ファンからは賛否両論でしたが、個人的には

映画という尺であんな形で完成させてしまう手腕と映像のセンスに大いに楽しませて貰った

ので、今作もとても楽しみです。

 

今回発表された役以外にもこの作品には魅力的な奇人変人が多数登場するのでそのキャスト

の続報にも注目したいですね。

押し屋のあの人、滝藤賢一さんだったらいいな……。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.