映画

自動靴紐調整シューズが発売!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』が現実に!

更新日:

近未来が舞台の映画というのは結構ありますが、その近未来がやってきたという話題です。

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』の世界が現実に!?

マイケル・J・フォックス主演で一斉を風靡した映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ。

タイムマシーン搭載車デロリアンに乗り、過去や未来へとタイムワープするのがこの作品の目玉ですが、その劇中でタイムワープする未来こそが今年、2015年なのですね。

映画の中では近未来ものにありがちな、夢想を具現化したような科学が進歩した世界が描かれているのですが、その中で靴紐が自動で調整できる靴が出てくるのですね。で、ナイキがどうせならその近未来を実現してみましょう!と言わんばかりに名乗りを上げたのです。

これはアメリカのロングビーチで行われた展示会で、デザイナーのティンカー・ハットフィールドさんが言及したものなのですが、随分と粋な発想ですよね。

では他には、どれだけのものが実現、または実現可能なのでしょうか。

ということで調べてみました。

 

3D映像

これは劇中で『ジョーズ』の19作目の宣伝という形で、飛び出るサメの映像が主人公を驚かすもの。

これに関してはもう実現しているといって良いでしょう。3D映像も実現していますし、プロジェクション・マッピングも凄まじい勢いで進化していますしね。

 

タブレット端末

これは劇中で主人公がタブレット端末に署名を求められるシーンがあるのですが、iPadなどそのままのものが完成しています。

 

テレビ電話

これは今作に関わらず、多くの近未来もの映画に登場してきたアイテムなのですが、こちらもかなり前から実現しています。

 

ヘッドマウント型情報端末

今年はウェアラブル端末元年とも言われるほど、時計屋指輪型など多くの端末の発売が発表されています。

ということでこれも実現。

 

と、紹介してきたようにこんなにも多くのものが実現しているのですね。

空飛ぶ車など実現していないものも多くありますが、けっこう凄いことだと思ったり。

ということは、最近の近未来もの映画に出てくるようなテクノロジーも、近い将来に実現するものが多くあるのかもしれません。

SF映画はサイエンス・フィクション映画の略ですが、フィクションじゃなかった、と思うとなんだか面白いですよね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.