映画

ギレルモ・デル・トロ監督念願のクトゥルフ映画はいつ?多忙極める

投稿日:

ギレルモ・デル・トロ監督といえば『パシフィック・リム』の大ヒットで日本でも

名を馳せた監督。

この監督、様々なオタクとしても名を馳せているのだが、特に有名なのがクトゥルフ神話

への傾倒ぶり。

『ヘルボーイ』シリーズでのクリチャーや『パシフィック・リム』でのカイジュウのデザインでも

クトゥルフ神話の古の神々から受けた影響とリスペクトが見て取れます。

 

そんな彼が、制作することを長年切望してやまない作品こそが『狂気の山脈』なのです。

『狂気の山脈』は、クトゥルフ神話の生みの親であるラヴクラフトのラヴクラフト全集第四巻に

収められている同名小説の映画化で、2006年頃からなんとしても映画化したいと企画している作品。

にも関わらず、制作会社の「ハッピーエンドにしろ」「ラブストーリーにしろ」などの、クトゥルフ好き

には冒涜ともとれる要求に、デル・トロ監督が首を立てに降らず頓挫。

その後、新たに企画が進行したかに見えるも、またもや制作会社の「R指定作品はちょっと」という

これまた冒涜ともとれる発言により頓挫。

デル・トロ監督のクトゥルフ愛ゆえに幾度も企画の進行が阻まれるというなんともやるせない展開に

なっていたりします。

 

そんな中、今度はジェームズ・キャメロンが製作総指揮で援護射撃を名乗り出るという力技、さらには

『パシフィック・リム』のメガヒットでデル・トロ監督の発言力があがるという合わせ技で、なんとか

こだわりのままに好き放題作れる!!という状況になりそう……だったのですが、今度は発言力と共に

得た名声の為に仕事がたてこみスケジュールが空かないというこれまたやるせない状態に。

 

デル・トロ監督は現在、トムヒことトム・ヒドルストンも出演する『クリムゾン・ピーク』の編集、

ポスト・プロダクション中。

その後は2017年公開予定の『パシフィック・リム』の続編のプリプロ、それから日本のアニメ会社が

制作する『パシフィック・リム』のアニメと本人曰く『本当に奇怪な白黒映画』の撮影を経て、2015年に

『パシフィック・リム』続編の撮影とスケジュールがぎっしりと詰まっているのです。

 

ということで、監督切望の映画『狂気の山脈』への着手は早くても2016年後半以降になる見込み。

でも精力的に活動するバイタリティと深いクトゥルフ愛を持つギレルモ・デル・トロ監督のことなので、

いつかは本人と世界中のクトゥルフファン切望の『狂気の山脈』の映画化を成し遂げてくれると信じて

います。

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.