役者

『るろうに剣心』に続き『まれ』でも土屋太鳳と田中泯が共演!

投稿日:

今回は新たに始まった朝の連続テレビ小説『まれ』からあの俳優さんの話題です。

 

『まれ』で桶作元治役、田中泯に注目!

本日から始まりました朝の連続テレビ小説『まれ』、公開前から大きな注目を集めていましたよね。

父親役の大泉洋さんをはじめとした豪華過ぎるキャストに近年勢いにノッている朝ドラですから私も楽しみにしていました。

こちら

リンク:『まれ』主題歌の『希空/まれぞら』の作詞は土屋太鳳!

の記事でも紹介していますが、朝の連続テレビ小説初となる主演女優の作詞による主題歌もいい感じでしたよね。

 

さて今回は前述しましたように多くの豪華な出演者が顔を揃えているのですが、今回は田中泯さんに注目してみたいと思います。

 

『るろうに剣心』に続いての土屋太鳳との共演で息もピッタリ!?

今作での田中泯さんが演じるのは桶作元治という老人。

公式ホームページでの情報によると、主人公である希の祖父代わりとの記載がありました。

今作の主演女優の土屋太鳳さんと田中泯さんといえば、昨年屈指の話題作、映画『るろうに剣心』で共演しましたよね。

土屋太鳳さんは巻町操を、田中泯さんは翁こと柏崎念至を演じましたが、劇中では翁は操を大切に見守る存在でしたから共演シーンも多くありました。ヒロインという大役ではありますが、朝の連続テレビ小説『まれ』の撮影現場で田中泯さんと共演できて土屋太鳳さんも心強かったのではないでしょうか。

ところでこの田中泯さん、映画やドラマでも目にすることが多いですが、そんな人かということは意外と知られていないですよね。ということで調べてみました。

 

田中泯ってどんな人?肩書は?

田中泯さんは1945年3月10日生まれの日本の表現家。

舞踊家、という肩書を付けられることも多いのですが、本人は俳優も舞踊家も表現であり、ジャンル分けすることは間違いだと思っていることから嫌っているようです。

『るろうに剣心』でもアクションシーンを披露されていますが、なんと現在で御年70歳!驚きですよね。舞踊で培った体があってこそなのだと思います。

元々クラシックバレエを学び、その後モダンバレエも学んだ田中泯さんは1970年台から独自の踊り〈ハイパーダンス〉を展開します。

舞踊家としては海外での評判も高く、多くの舞踊家が影響を受けていると公言しています。

映像作品には2002年の『たそがれ清兵衛』で初めて出演、日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞、新人俳優賞を受賞します。これは異例のことで大きな話題を呼びました。

田中泯さんの表現することはジャンル分けするべきではないという言葉も、こういった実績があるからこそ含蓄がありますよね。

 

ということで紹介してきました田中泯さん。

土屋太鳳さんの出演はまだ少し先になりそうですが、是非みなさんも田中泯さんとの共演にも注目してみてくださいね。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-役者
-, , , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.