映画

『モヒカン故郷に帰る』で松田龍平、ロックバンドのボーカルに!

投稿日:

今回は2015年公開の注目の映画の話題です。

 

松田龍平と柄本明が共演『モヒカン故郷に帰る』に注目!

漫画原作だったりハリウッドのSF大作映画も悪くは無いですが、ストーリーと役者さんでじっくり魅せる映画もまた良いんですよね。

今回紹介する『モヒカン故郷に帰る』はまさにそんな映画なのです。

主演にキャスティングされているのは松田龍平さん。

モヒカンという衝撃的なヘアスタイルで早くも大きな注目を集めていますが、今作ではロックバンドのボーカルの役でもあるのです。松田龍平さんのミュージシャン役といえば中島美嘉さんと共演した映画『NANA』でのベーシスト蓮役が有名ですが、今回はボーカルですからその歌声も楽しみですね。

 

そして今作で主人公の父親役を演じるのが柄本明さん。

なんと今作で松田龍平さんとは初共演なのだそうですよ。意外ですよね。

松田龍平さんは柄本時生さんとは『蟹工船』、柄本時生さんとは『まほろ駅前多田便利軒』で共演していますから、これで家族全員と共演したことになります。

松田龍平さんも柄本明さんも演技派の実力派俳優として知られるお二人ですから、これは見応えがありそうですね。

 

『モヒカン故郷に帰る』のストーリー、あらすじは?

今作の主人公、永吉はプロのバンドマンを目指して広島から上京した過去を持つ。

しかし、恋人の由佳の妊娠を切っ掛けに故郷に帰ることになる。

規制すると頑固者の父親は悪態をついてはいるが、孫の誕生に喜びを隠せない様子。しかし、ひょんなことから永吉は父親の余命が長く無いことを知る。

残された時間で自分は父親になにが出来るのか、永吉は空回りしながらも奮闘する、というのが今作のストーリーです。

 

監督の沖田修一に注目!

今作でメガホンをとることが発表されているのが沖田修一さん。

映画通にはお馴染みの監督さんですよね。

商業映画デビューしたその年に、新藤兼人賞金賞(新人監督に送られる中ではかなり大きな賞です)を受賞し、一気に注目度を高めました。

その作品は『南極料理人』、堺雅人さんや高良健吾さんが出演した事でも話題になりましたが、この沖田修一さんの作品だったのです。

 

その後も小栗旬さんが主演したこちら、

『キツツキと雨』など良質の映画を次々と発表しています。

この監督の魅力を一言で言うなら、『癒やし』では無いでしょうか。息もつかせぬ感じや高揚感というようなものはあまり無いのですが、沖田修一監督の作品を見ているとなんだかほっこりするんですよね。

 

今回紹介している『モヒカン故郷に帰る』も広島の島を舞台にした作品ですし、家族ものなのでそういう意味でも期待出来ると思います。

ちなみに今作は2016年の公開予定になっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.