ドラマ

【画像】鈴木亮平が激ヤセ!!役者魂からくるその理由や原因とは?

投稿日:

今回はとんでもない役者魂を見せたあの俳優さんの話題です。

 

幾度もドラマ化される名作、『天皇の料理番』!

2015年春ドラマも段々と出揃ってきましたが、初回放送を前に『天皇の料理番』から驚きのニュースが入ってきました。

 

そもそもこの作品、1979年に出版された同名小説の実写ドラマ化なのですがこれまでに何度もドラマ化されている作品でもあるのですね。

最初のドラマ化は出版の翌年、主演に『チューボーですよ!』でもお馴染みの堺正章さんを迎え、ナレーションには渥美清さん、さらにはあの明石家さんまさんが役者としての一躍知名度をあげたのもこの作品でした。

そして1993年には高嶋政伸さん主演で再びドラマ化されていますので、こちらの記憶がまだある方もいるかもしれませんね。

 

そしてこの度、三度目の実写ドラマ化となるわけですがTBSの開局60周年を記念した作品としてとても力の入ったものになっています。

主演には佐藤健さん、共演者に伊藤英明さんや武田鉄矢さんといった重厚な演技でも定評のある役者さんが顔を揃えています。

 

力が入っているのはテレビ局だけでなく役者さんも同じなようで、佐藤健さんは料理シーンのあるドラマでは珍しく自身での料理に拘ったのだとか。

普通料理の場面では手元だけ映るようにしてプロのものに差し替え、なんてことも良くあるのですが、佐藤健さんは昨年の夏頃から料理の修行をして撮影に望んだようです。さすがストイックな役作りで定評のある彼だけありますね。

そして今作では、鈴木亮平さんも驚愕の役作りを披露しているのです。

 

鈴木亮平が執念の激ヤセ!

まずはこちらをご覧ください。

 


こちはシネマ・トゥデイさんのツイートを引用させて頂いております、よろしければ元記事もご覧ください。

 

それにしても衝撃の姿ですよね。

鈴木亮平さんが慎重が186cmで体重が76kgとそれでもスリムな体型なのですが、今作ではそこから撮影までに8kg、病が進行していく役に合わせてそこからさらに12kgも減量し、その差なんと20kgもの肉体改造に成功しているのです。

毎日が自分との戦いだったと語る鈴木亮平さん、ここまでの過酷な役作りに挑んだ最大の理由は、この原作に惚れ込んだからだそうです。

これはもう松田龍平さんや北村一輝さんの歯抜きに匹敵するものと言っていいのでは無いでしょうか。

 

鈴木亮平さんといえば、

こちらの『TOKYO TRIBE』では10kgの増量に挑んだことでも話題になりましたが、これで体重差30kgに自分の肉体を変化させた事になります。

これは映画『マシニスト』で55kgに、『バットマン』シリーズで90kgの鋼の肉体に鍛え上げた、世界でも一番と言われる役作りのクリスチャン・ベールに並ぶ数字、本当に凄いことだと思います。

 

こういった役者さんがいると現場の空気も引き締まりますから、他の役者さんもいい刺激になったのではないでしょうか。

そんな楽しみなドラマ『天皇の料理番』は2015年4月26日からの放送開始となっています。

 

ちなみに、イケメン俳優ながら役作りのために20kgの増量に挑みそのふくよかな体型を披露した加治将樹さんについてもこちら、

リンク:テニミュ桃城武の加治将樹が激太り!?その原因は?

で特集していますので、あわせてご覧ください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.