ドラマ

時代劇『まんまこと』八木清十郎役で桐山漣、麻之助役福士誠治が出演!

投稿日:

今回はこの夏に注目の時代劇の話題です。

 

畠中恵原作の『まんまこと』が実写ドラマ化!

NHKの時代劇ってメジャーな『水戸黄門』や『大岡越前』のような様式美のものって少ないんですよね。

当時の生活や職業など、意外と知られていない部分に焦点があてられている作品が多いような印象で見ていると勉強になったりもします。

 

そして今回あらたに制作が発表されたのが町名主を題材にした『まんまこと』。

町名主とは江戸時代の町を取り仕切る役人で、平均八町程度、約二千人の住民を管理する人のことを言います。税の徴収から戸籍の管理、果ては揉め事の解決まで様々な職務にあたっていたようなのですが、意外と知られいていないですよね。

 

そして今作の原作の小説を生み出したのが畠中恵さん。

ドラマ化された『しゃばけ』でも有名な小説家さんです。『しゃばけ』は物の怪が登場する作品なのでそういうファンタジー色の強いイメージがあるかもしれませんが、『まんまこと』にはそういった要素は無く、謎解きや人情ものを主役の青年達の友情と絡めて描いたもののようです。

 

 

『まんまこと』のストーリー、あらすじは?

町奉行では裁けない問題を取り仕切る町名主、その跡取りの高橋麻之助は昔は優秀な少年だったものの、いまでは遊び人と呼ばれるようになっていた。しかし、いざとなれば抜群の推理力を見せる彼と、隣町の町名主の跡取りで色男の八木清十郎、堅物の同心見習い相馬吉五郎の3人は幼なじみの親友だった。

そんな3人が持ち込まれた巷の問題を思いもよらない発想で解決するそれが今作のあらすじになっています。

 

 

『まんまこと』の出演者、キャストは?

今作で主演の高橋麻之助を演じるのは福士誠治さん。

彼の地上波連続ドラマでの初主演となったのも今回と同じNHKの時代劇『オトコマエ!』でしたから、感慨もひとしおでは無いでしょうか。

ちなみにその作品ではブレイク前の斎藤工さんも出演しており、それが縁で演劇ユニットを結成したりもしているんですよ。意外な交友関係ですよね。

 

そして色男の八木清十郎にキャスティングされたのが桐山漣さん。

まさに色男としてはうってつけの彼ですが、最近はイケメン俳優であると同時にその演技力にも注目が集まっていますよね。

今年はこちらの、

『群青色の、通り道』でも主演を果たし、大活躍の予感ですね。

テレビドラマでも大きな役での出演が目立つようになってきましたし、個人的にはこの辺で徹底的にぶっ飛んでいる役がテレビドラマであれば一気に大ブレイクしそうな感じがします。

ともあれ、今回の『まんまこと』が大注目である事には変わりないですよね。

そんな楽しみな今作、2015年7月16日からの放送開始となっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.