役者

【リヴァイ兵長役】長谷川博己、演技力の秘密は蜷川幸雄のしごき!

投稿日:

大人気にしてメガヒットコミック『進撃の巨人』の実写化、追加キャスト発表がありましたね。

本郷奏多、石原さとみ、ピエール瀧、水原希子とビッグネームの並ぶ中、一番世間に衝撃を与えたのは、人類最強の男リヴァイ兵長にキャスティングされたハセヒロこと長谷川博己さんではないでしょうか。

 

長谷川博己さんがお茶の間でブレイクしたのは『セカンドヴァージン』、2010年のドラマです。

実はこの時で初舞台から八年目、あの演技力はしっかりとした下積みがあってのものだったのですね。

 

さらにもう一つ、ハセヒロさんの確かな演技力の秘密が蜷川幸雄さんです。

蜷川幸雄さんといえば鬼の蜷川と呼ばれる程の厳しい演出で有名な演出家。

そしてその厳しさと同じくらい有名な名優製造機とも呼ばれる指導力です。

藤原竜也、小栗旬、二宮和也といった俳優が最初、もしくは初期に演出作品に出演し、ことごとく実力派と呼ばれるようになっています。

そんな蜷川幸雄演出作品に、ブレイク前から度々出演し、その数8作品!

こんなに呼ばれるとは完全に蜷川さんのお眼鏡にかなっていますよね。お墨付きといってもいいかもしれません。。

その経験で培われた確かな演技力をブレイク後も様々な作品で見せてくれています。

個人的には『MOZU』や『地獄でなぜ悪い』で見せた狂気全開の演技がツボで、どんどん好きになっていっている役者さんです。

 

賛否両論巻き起こっていますが、そんなハセヒロさんが演じるリヴァイ兵長が素晴らしく無いはずがない!!ということで期待がとまりませんが、原作キャラファンには過激な人も多いので変な事件が起きなければいいなと祈っております。

あと、個人的にはリヴァイ兵長には阿部サダヲが似合いそうだな、なんて思ってました笑

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-役者
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.