ドラマ

池井戸潤ドラマ『民王』高橋一生が総理秘書貝原茂平役で出演!

投稿日:

今回は2015年の夏ドラマから注目作の話題です。

 

池井戸潤の話題作がテレビ朝日でドラマ化!

ドラマの視聴率低迷が近年問題視されていますが、各局その一つの答えとして力を入れているのが有名作家の実写ドラマ化。

特に、作品の実写化が大ヒットした作家は一気に需要が高まり、各局でドラマ原作として採用されます。

 

そんな作家で今一番注目度が高いのが池井戸潤さん。

これまでも『下町ロケット』などでドラマになった作品はありましたが、TBSで実写化された『半沢直樹』はモンスターヒットを記録し一躍注目度を高めました。

その後は同局で『ルーズヴェルト・ゲーム』、日テレで『花咲舞が黙ってない』と次々に実写化されて現在は月9枠でも『ようこそ、わが家へ』がドラマ化されています。

 

そんな池井戸潤さんの作品が『民王』が2015年の夏ドラマとしてテレビ朝日で実写化される事が発表されました。

これは現在の現在の『ようこそ、わが家へ』から2クール続けての実写ドラマ化となり、さらには夏ドラマとして『花咲舞が黙ってない』の続編の放送が発表されていますから、ワンクールで違う局で2本同時に放映という快挙となります。

 

その記録的な偉業も話題ですが、変わった役に挑む豪華出演陣も大きな注目を集めているんですよ。

 

 

遠藤憲一と菅田将暉が入れ替わる!?

今作でW主演が発表されているのが遠藤憲一さんと菅田将暉さん。

 

昨年公開のこちら、

映画『海月姫』で可愛すぎる女装姿を披露した菅田将暉さんですが、今作では女装姿こそないものの女子力が高い女子力男子を演じるようです。

しかもちょっとおバカな設定で常用漢字も読み間違う程という事ですから新たな顔を見せてくれそうですね。

 

そして、強面の遠藤憲一さんが演じるのはなんと総理大臣!

これまで裏社会の住人や警察役が多かった遠藤憲一さんですが、政治家の役も似合いそうですよね。

 

さらに、今作の見どころはこの二人の中身が入れ替わってしまうというストーリー。

ということはですよ、遠藤憲一さんの中身が女子力男子になるわけですからとってもキュートにナヨナヨとした遠藤憲一さんというレアな演技が見えるわけです。これはとても楽しみですよね。

 

そして個人的に大歓喜だったのが、遠藤憲一さん演じる総理大臣の秘書、貝原茂平にキャスティングされた高橋一生さん。

昨年、2014年のドラマ『ペテロの葬列』でも秘書役で出演していた高橋一生さんですが、知的でスマート、出来る風な風貌から秘書キャラもハマるんですよね。

 

現在放送中の『Dr.倫太郎』にも出演していますが、昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』以降は『信長協奏曲』や『だから荒野』など途切れることなくレギュラー出演していますよね、ファンには嬉しい限りです。

その間、舞台のお仕事もありましたし、働き詰めでお体の方も心配ではありますが、今後も映像作品になくてはならない俳優としての地位を確立して様々な演技で楽しませて欲しいですよね。

 

ちなみに高橋一生さんについてはこちらの記事でも特集していますのであわせてご覧ください。

リンク:瀬戸康史と自宅で食事!?高橋一生の華麗な交友関係!

 

という事で紹介してきました『民王』ですが、2015年の7月より金曜日の放送予定になっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.