映画

ももいろクローバーZ『幕が上がる』発売日決定!レンタル開始日も!?

投稿日:

今回はももいろクローバーZが主演のあの注目作の話題です。

 

本広克行が監督廃業を考えていた!?

ここ数年の映画界では人気コミックの実写化が大きなトレンドになっていますが、それ以外のジャンルは元気が無い印象もありますよね。

今回は紹介する『幕が上がる』は、そんな映画界に本広克行監督が放つ青春映画なのです。

 

本広克行は実は映画監督廃業も考えていた時期があるのだとか。

そんな時期に出会ったのが、今作の原作者でもある現代演劇界の中心人物の一人である平田オリザさん。

一気にその世界観に惹かれ没頭した本広克行監督は、そこで新たな映画の可能性を見つけたのだそうです。

そして、「世代時代を問わず共感、感動してもらえる青春映画を作りたい」と着手したのが今作、『幕が上がる』の実写化なのです。

 

 

『幕が上がる』のストーリー、あらすじは?

舞台はとある高校の演劇部。

個性豊かな部員を抱えているものの、知識も指導力もない顧問の元で弱小演劇部の地位に甘んじていた。

そんなある日、過去に学生演劇の女王と呼ばれた新任女教師との出会いで物語は大きく動き出して行く、というのが今作のあらすじになります。

 

 

バラエティ豊かな出演者にも注目!

今一番輝いている少女たちを、という本広克行監督によって今作の主演に抜擢されたのが大人気アイドルグループのももいろクローバーZ。

高校演劇という題材と彼女たちのフレッシュさ、さらには原作者の平田オリザさんの提唱する現代口語演劇理論との相性が抜群で、今作ならではの名演を見せてくれているんですよ。

演劇のワークショップを経て4ヶ月かけてみっちりしごかれながら撮影した今作、ぜひその演技にも注目してみてくださいね。

 

 

そして過去に学生演劇の女王と呼ばれた新任女教師にキャスティングされたのは黒木華さん。

普段はふんわりとした役の印象の彼女ですが、今作では鬼のようなスパルタ指導を見せています。

それもそのはず、彼女がそのキャリアをスタートさせたのは高校演劇、しかも演劇の道を歩むものなら知らぬものはいない平田オリザさん原作の作品ともなれば気合の入り方が違いますよね。

そんないつもとは一味違う黒木華さんの演技も今作の見どころの一つになっています。

 

 

さらにダメダメな演劇部顧問の溝口にキャスティングされたのはムロツヨシさん。

現在でこそ人気俳優の彼ですが、その才能にいち早く気付き、重用したのが本広克行さんなのです。しかもムロツヨシさんも舞台俳優としても活躍していますから今作も感慨深いものがあるのではないでしょうか。

ちなみにムロツヨシさんについてはこちらの記事でも紹介していますのであわせてご覧ください。

リンク:ムロツヨシが大ブレイク!2014年のヒット人に!

 

 

『幕が上がる』の発売日、レンタル開始日は?

という事で紹介してきました『幕が上がる』、発売日は2015年の8月5日に決定しています。

レンタル開始日ですが、邦画の場合は同日、もしくは一週間遅らせる事が多いのでその辺りになる模様です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.