映画

映画『図書館戦争』続編に聴覚障がいのある中澤毬江で土屋太鳳!

投稿日:

今回は2015年秋に公開される映画の注目作の話題です。

 

映画『図書館戦争』に豪華メンバーが集結!

2013年に第一弾が公開され、大ヒットを記録した『図書館戦争』の続編の公開が段々と近づいてきましたね。

 

原作小説の斬新な設定、世界観を見事に映像化した事もその近未来に起こりうる物語もとても魅力的な作品でしたが、その豪華な出演者も大きな見どころでしたよね。

主演の岡田准一さんと榮倉奈々さんはもちろん、大河ドラマ『軍師官兵衛』で見せた新境地で役者としての評価もさらにあげている田中圭さん、デビューから約四年という早さでフジテレビの月9ドラマの主演をつとめることが発表された福士蒼汰さんに栗山千明さんとそうそうたる顔ぶれが顔を揃えていました。

 

そしていよいよ今秋公開される続編ではさらに豪華なあの人の参戦も発表されました。

 

 

土屋太鳳が中澤毬江役で出演!

今回追加発表されたキャストでも目玉になっているのが土屋太鳳さん。

出演が発表されたのは中澤毬江、これも今作の鍵になる人物なんですよ。

 

中澤毬江は田中圭の演じる小牧幹久の年の離れた幼なじみ。

幼少期から小牧幹久を慕っていて、彼に恋人が出来る度に悲しい思いをしていた。

また中学3年時に突発性難聴を患い聴力の殆どを失う。

図書館に通う内に榮倉奈々さん演じる笠原郁とも顔なじみに。

 

というのがこの人物の概要なのですが、映画化以前からのファンにはある懸念があるようなのです。

 

 

自主規制の為に設定変更も!?

事が起こったのはこの作品がアニメ化された時のこと。

中澤毬江の登場回が放送されず、DVD版のみに収録されたというのです。

 

これは彼女の聴覚障がい者という設定がTV局の自主規制にかかったからといわれていて、原作者の有川浩さんも大いに驚いたようです。

映画ではあまりこういった事は無いのですが、テレビではまだあるようですね。

まだ、というよりはむしろ増えていると言えるかもしれません。

 

以前、テレビ業界の方とお話させて貰う機会があったのですが、こういた規制は本当にそのまま字のままの意味で自主規制なのだそうですよ。

要するに炎上や批判、抗議が怖くて前もって予防線を張っているということですね。

しかもその〈ワード〉は年々増えているとも話されていました。

 

今回の中澤毬江の登場ですが、映画版はもちろんその直前に放送されるテレビドラマでも出番がありそうですので、今回の扱いにも注目が集まりそうです。

 

ちなみにこのドラマ版についてはこちらの記事でも特集していますので、あわせてご覧ください。

リンク:『図書館戦争』がスピンオフドラマ化!ストーリー、あらすじは?

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.