映画

伊藤計劃原作の『ハーモニー』『虐殺器官』ハリウッド映画化は?

更新日:

日本の小説『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のハリウッド映画化も大成功と呼べる興行収入をあげ、今後益々、和製原作のハリウッド映画化の流れが加速しそうですね。

今決まっていてプロジェクトが動き出しているものだけでも『戦闘妖精・雪風』や沖方丁さんの『マルドゥック・スクランブル』など数タイトルありますし、今後もどんどん日本の良作の発掘が進みそうです。

 

そんな中、今最も注目するべきな作家さんの一人が伊藤計劃さん。

あまり耳馴染みのない方もいるかもしれないので紹介している以前の記事はこちら

リンク:虐殺期間でも虐殺機関でも無く『虐殺器官』!話題の作家伊藤計劃!

最近ではアニメ映画化の影響もあり、知名度も上昇してきた作家さんですが、世界ではもっと前から注目されていた作家さんでもあります。

その証拠に、2012年にはいくつかのアメリカの映画会社が『虐殺器官』の実写映画化に興味を示していたほど。

ハリウッド映画にはありがちながら、それ以来大きな進展はみられていませんでしたが、今回の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の大ヒットを受けて近いうちに大きな進展を見せるのではという見方も出ています。

 

心配なのは、日本側の著作権ビジネスが未成熟なことでしょうか。

日本原作がハリウッドで人気なのは、クオリティが高い割に使用料が安く買い叩けるからといった話を聞いたことがあります。

クールジャパンなんて騒ぐのもいいですが、しっかりとした輸出ビジネスとして保護していける取り組みが急がれますね。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.