ドラマ

『情熱大陸』中園ミホ出演、未婚で子供を育て占い師や教授の経歴も

投稿日:

今回は大人気のあの脚本家の話題です。

 

 

『情熱大陸』に中園ミホが出演!

ドラマや映画の出来を左右するものといえば監督と脚本ですが、脚本家でも多くの名前の知られた人がいますよね。

『家政婦のミタ』をはじめ多くのヒットドラマを送り出している遊川和彦さん、劇団大人計画の看板の一人でもある宮藤官九郎さんに長年第一線で活躍する野島伸司さんと一度は名前を聞いたことがある人ばかりだと思います。

 

そして、この人を忘れてはならないのが中園ミホさん。

『やまとなでしこ』や『anego』などこれまでにも数々のヒット作を書いているのですが、『ドクターX』や朝の連続テレビ小説『花子とアン』のヒットも相まって近年特に熱い注目を集めている中園ミホさんがこのたび『情熱大陸』へ出演する事が発表されました。

という事で今回は放送に先駆けまして特集してみたいと思います。

 

 

教授、占い師の経歴!?

中園ミホさんは1959年の7月16日生まれ、東京生まれの脚本家、小説化です。

日本大学芸術学部を卒業しているのですが、2010年下らは同大学の客員教授を務めています。

 

広告代理店卒業後は四柱推命の占い師をしていた事もあるのですが、これは中学時代に母親の知人に四柱推命を教えてもらった事が素養になり、24歳の頃に占い師に弟子入りしたそうです。

この時に有名政治家や企業のトップを占っていて、その時の経験が現在の脚本作りにも行かされているそうです。

 

 

脚本家として生きる決意

中園ミホさんが脚本家の世界に踏み入る切っ掛けになったのは広告代理店入社時。

同僚が応募したシナリオ講座に参加できなくなったため、代わりにノートをとりに出たことから。

 

広告代理店退社後は前述した占い師と共にコピーライターをしても働くのですが、脚本家の田中陽造さんや桃井章さんと知り合いシナリオライターへの道に本格的に踏み出します。

 

そんな中園ミホさんが脚本家として生きていく事を決めたのは34歳の時。

これは自身で公表しているのですが、当時未婚のまま長男を出産した時に家で子供を育てながら働くには脚本家しか無いと思い、この道で生きていくことを決意したそうです。

 

ちなみにその翌々年に執筆した中山美穂さん主演のドラマ『ForYou』の脚本では自身の経験が反映されていそうです。

 

 

良作連発の秘訣は飲み会!?

中園ミホさんは取材の中園と言われるほどに取材力で知られているのですが、飲み会で取材するのが彼女のルールなのだとか。

これは本音を引き出すという狙いもあるようで、『ハケンの品格』の時は派遣社員の女性達と、『ドクターX』の時は医者の方と何度も自腹での飲み会を開き取材を行ったのだとか。

今回の『情熱大陸』ではこの取材や友人達との飲み会にも潜入しているようですので是非注目してみてくださいね。

 

という事で紹介してきました中園ミホさん出演の『情熱大陸』、放送は2015年の10月11日に決定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.