映画

ベネ様ことベネディクト・カンバーバッチ、キュートすぎて人外オファーが殺到?

投稿日:

その演技力とキュートな魅力で世界をせっけんし続けるベネ様ことベネディクト・カンバーバッチ。

『SHERLOCK』をはじめとするテレビドラマ、ハリウッドでも引っ張りだこの映画、最も需要のあるチケットの記録を樹立した舞台と多方面で活躍しているベネ様ですが、最近目立つのが人間以外を演じるお仕事。

『ホビット』シリーズのドラゴンのスマウグ、『マダカスガル』のスピンオフ『ペンギンズ』ではエージェントであるオオカミと人間以外の役も全力投球で演じています。

 

 

こんな表情を見せるのも普段の俳優業ではなかなかないですよね。

 

そんなベネ様に新たにビッグタイトルでまたまた人間ではない役に挑むそうです。

その映画とは『シャングルブック』、1894年にラドヤード・キプリングの同名小説の実写映画化です。

この作品、同時にディズニーでも実写映画化が進んでいますが、ベネ様が出演するのはワーナー・ブラザースの実写化する作品。

 

役どころは人食い虎ということで、またもや新たな一面をみせてくれそうですね。

 

声優発表の第一弾での発表がベネ様となったわけですが、ワーナーさんディズニーを向こうに回す気まんまんですね。

そういう意味でも今後はさらなるビッグネームの発表もあるかもです。今後も注目していきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.