ドラマ

朝ドラ『とと姉ちゃん』衣装監修に黒澤和子、音楽に遠藤浩二!

投稿日:

今回は2016年の朝の連続テレビ小説の話題です。

 

ヒット確定!?朝ドラ『とと姉ちゃん』に注目!

視聴者のテレビ離れが深刻化し、視聴率の低下が止まらないのが大きな問題になっていますよね。

ゴールデンプライム帯のドラマも一桁視聴率が珍しく無いという現状ですが、そんな中でも変わらぬ強さを見せるのが朝の連続テレビ小説。

2015年は『下町ロケット』が視聴率20%台を記録する放送回が出て大きな話題になりましたが、朝ドラでは視聴率20%台が出なければ不調と言われますから凄い話ですよね。

 

この朝ドラ、現在放送中の『あさが来た』も大人気ですが時期放送の『とと姉ちゃん』も早くも大きな話題になっていますよね。

主演には高畑充希さん、共演者にも西島秀俊さんや杉咲花といった豪華な面々も確かに話題性抜群なのですが、今回はこちらも大事な音楽や衣装監修で発表されている人物を特集したいと思います。

 

 

衣装監修に黒澤和子!

この発表にはとても驚かされたのが、黒澤和子さんの衣装監修での参加。

黒澤和子さんといえば日本が世界に誇る黒澤明監督の長女であると同時に、ご本人も世界的に評価の高い映画衣装デザイナーでもあります。

『夢』や『八月の狂詩曲』といった黒澤明作品はもちろん、『阿弥陀堂だより』などの小泉堯史監督、山田洋次監督に北野武監督と日本を代表する名監督に愛され度々起用される事でも有名なんですよ。

 

主人公が女性の暮らしに寄り添う雑誌の相関に関わること、戦前戦後が舞台の今作ではその服装が大きな意味を持つ事からの起用なのだそうですが、黒澤和子さんは映画衣装デザイナーとしてあまりにもビッグネームであまりドラマの衣装監修という機会も無いですし、今回は衣装も見どころと言えると思います。

 

 

音楽担当は遠藤浩二!

近年の朝の連続テレビ小説では音楽に旬の方を持ってくるのも個人的には楽しみだったりするんですよね。

『まれ』ではアニメ『進撃の巨人』で一躍一般層にも知名度を広げた澤野弘之さんが担当され、そのセンスも印象的でした。

 

そして今回音楽担当に発表されたのは遠藤浩二さん。

19歳からジャズギターを初め、21歳の時にはジャズギタリストの廣木光一さんに師事。

24歳の頃から映像音楽へも進出します。

基本的に依頼された仕事は断らないというモットーの持ち主だけに舞台やアニメ、バラエティ番組と様々なジャンルの音楽で活躍しているのですが、中でも映画音楽には定評があり、あの三池崇史監督も度々起用しているんですよ。

朝の連続テレビ小説の音楽を決める人って本当にところをもってくるんですよね、『とと姉ちゃん』も放送が楽しみです。

 

という事で紹介してきました今作、放送は2016年4月4日からとなっています。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.