ドラマ

ゴメラスで無くオメラス【ドラマMOZU小ネタとか】

投稿日:

ドラマMOZU、面白いですよね。

5/29放送分の次回予告で印象的に引用されていたお話が

気になった方も多いのでは。

ゴメラス。

検索してみたけど出てこない……ってそれもそのはず、ゴメラス

では無くオメラスなのです。

 

オメラスはアーシュラ・K・ル・グィン の著作である短篇集

『風の十二方位』に収められた数ページの掌編小説、

『オメラスから歩み去る人々』に出てくる架空の都市。

 

たった一人の犠牲の上に成り立つ理想都市。

何時の時代でも社会問題を考えていくうえで外せないテーマではあるのだ

けど、このドラマ作品にとってもこれ以上ない程に象徴的で暗示的な

テーマですよね。

 

室井、津城が良しとする、犠牲を必要とする社会。

それに異を唱える倉木、大杉。

明星の父も、そういった意味では犠牲となった一人で、彼女はそれを

納得出来るのか。

そして、もしそのオメラスが崩壊してしまった時に、そこには何が……。

来週も楽しみですね。

 

そしてそんなドラマMOZUでも一際輝いているのが池松壮亮くん。

今回の婦警さんコスプレ、軽くホラーかモンスタースラッシュムービー

でしたけど笑

でも彼の素晴らしさはそういったイロモノ的なとこには無くて、

淡々と話すようなシーンにこそ演技力が発揮されていますよね。

 

その後も鉄のケージに囚われるシーンもハンニバルへのオマージュ

かとてもハマっていたし。

ナース、婦警、ハンニバルときたら来週のコスプレはなんでしょうね笑

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.