ドラマ

高視聴率ドラマ『真田丸』吉田羊が稲姫、小松姫役で出演!違いは?

投稿日:

今回は現在放送中の大河ドラマの話題です。

 

 

大河ドラマ『真田丸』が好発進!

テレビ業界の視聴率不振をどこ吹く風と、新年早々大ヒットとなったのが大河ドラマ『真田丸』。

初回では視聴率20%に僅かに届かなかったものの、第2話では見事大台に乗せてみせました。

ヒットするのが常というイメージの大河ドラマですが、視聴率20%突破というのは2013の『八重の桜』以来三年ぶりなんですよね。

さらに通常で言いますと、一年において最高視聴率を記録するのは初回放送か中盤のテコ入れ、終盤のクライマックスがが多いですから『真田丸』はさらなる記録も狙えるかもしれません。

 

今回はそんな話題作から気になる出演者を紹介しようと思います。

 

 

実は出演していた大河ドラマの功労者!

皆さんは林邦史朗という人物をご存知でしょうか。

1939年1月1日生まれの林邦史朗さん、キャリアのスタートは劇団ひまわりへの入団だったのですが、その後講師の殺陣師の影響を受けその道へ進みます。

日本中の武術家を訪ね、様々な流派の剣術以外にも柔術、合気道などを修めリアル思考の殺陣を得意としました。

大河ドラマでの殺陣師としての参加は1965年『太閤記』からですから実に50年以上も携わった事になります。

 

そんな林邦史朗さん、昨年の2015年にこの世を去ったのですが今回の『真田丸』が遺作となりました。

配役は自身も尊敬していた武田信玄。

あの只者では無い存在感はそういった人物だったからこそなんですね。

 

 

吉田羊が稲姫役で出演!

個人的にも楽しみなのが吉田羊さんの稲姫役での出演。

メディアによっては小松姫と表記しているところもあるとは思いますが、稲姫は幼名ですから登場時は稲姫での登場になると思われます。

 

この稲姫、稲姫という人物様々なエピソードも持つのですが、頭は切れ胆力も凄まじい女傑とも言われているんですよね。

吉田羊さんの凛々しさならぴったりだと思います。

ただ、大泉洋さん演じる真田信之の元へ嫁いだ当時は17歳前後だった筈ですからその辺りをどのように演じるのかも見どころとなっています。

 

また、真田信之と稲姫はその仲の良さでも知られています。

こちらの記事

リンク:大河ドラマ『真田丸』堺雅人演じる真田信繁が幸村じゃない理由!?

でも紹介していますように三谷幸喜さんが脚本を書く上で史実に忠実にという事を心がけているようですが、三谷幸喜さんなりの真田信之と稲姫の関係ががどう描かれるのかもとても楽しみですよね。

完全に信之は尻に敷かれてそうですが・・・。

 

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.