映画

美容師池松壮亮が主婦常盤貴子からストーカー被害!?

投稿日:

今回はこの秋公開の注目の映画の話題です。

 

 

『誰かの木琴』が映画化!

皆さんは井上荒野(いのうえあれの)さんという作家をご存知でしょうか。

小説家井上光晴を父に持ち、自身も小説家として活動開始。

『切羽へ』で139回直木賞を、その他にも島清恋愛文学賞や中央公論文芸賞など数々の受賞歴を誇る人気作家で、これまでに『つやのよる』が映画化された事でも話題になりました。

 

個人的には女性にしか描けない描写も印象的な作家さんなのですが、この度『だれかの木琴』の映画化、公開が発表されました。

だれかの木琴 [ 井上荒野 ]

だれかの木琴 [ 井上荒野 ]
価格:626円(税込、送料込)

この作品は平凡な主婦がある事をきっかけにストーカー被害化してしまう物語で、やはり井上荒野さんならではという印象がある小説になっています。

実写化される事でどのような映画になるのか、非常に楽しみなこの作品を今回は特集してみようと思います。

 

 

 

『だれかの木琴』のストーリー、あらすじは?

始まりはありふれたメールだった。

 

またお店でお会いできるのを楽しみにしています

 

そんな美容室からの営業メールで主婦である小夜子の中にこれまでに感じたことの無い感情が生まれる。

担当した青年、海斗への執着はどんどんエスカレート。

夫の光太郎は戸惑い、娘や海斗の恋人までをも巻き込み小夜子の行動は常軌を逸していき……。

 

 

監督は東陽一!

今作でメガホンをとる事が発表されたのは名匠東陽一監督。

1963年に監督デビューという事ですから、そのキャリアは半世紀以上!

これまでにベルリン国際映画祭で銀熊賞、モントリオール世界映画祭では最優秀アジア映画賞などこれまでに世界でも高い評価を受けている監督なのです。

記憶に新しいところでは浅野忠信さん、永作博美さんが出演したこちら

『酔いがさめたら、うちに帰ろう』のメガホンをとり日本映画批評家大賞監督賞を受賞しました。

 

特に女性を撮ることに高い評価を得る監督でもありますから、『だれかの木琴』の小夜子をどのように撮るのか、期待に胸が高まります。

 

 

豪華な出演者が決定!

まず、今作で主演の小夜子にキャスティングされたのは常盤貴子さん。

芯の強い女性を演じる事が多い彼女、しかしその多くは朗らかな印象が強い女優さんでもあります。

そんな常盤貴子さんが常軌を逸した行動に走る主婦を演じる、これまでに見たことの無い一面が見られそうですよね。

 

そして、美容室の海斗を演じるのは池松壮亮さん。いまや日本を代表する俳優の1人ですよね。

今作で東陽一作品への参加が決まった時には嘘じゃないのかと思った、夢の一つが叶ったとコメントしていますからその気合の入り方も相当な様子。

常盤貴子さんも池松壮亮さんもとても大好きな役者さんなので、東陽一監督ワールドでどのような化学反応を見せるのかワクワクしてしまいます。

ちなみに池松壮亮さんといえば、今年は映画『デスノート』の続編に出演する事でも話題ですよね。

こちらの記事で特集していますので合わせてご覧ください。

リンク:デスノート2016池松壮亮がLのクローン!?青山草太も出演か

 

という事で紹介してきました映画『だれかの木琴』、公開は2016年の9月を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.