ドラマ

藤原さくらの広島弁がかわいい!声はYUI似?ドラマラヴソング

投稿日:

今回は現在放送中の月9ドラマの話題です。

 

 

ドラマ『ラヴ・ソング』が話題に!

現在放送中の春ドラマ、多くの良作が放送されていますよね。

私も録画機器フル稼働で楽しく見ているのですが、予想以上にハマってしまっているのが月9ドラマ『ラヴ・ソング』。

 

過去のトラウマで音楽と向き合えないミュージシャンと才能を持ちながらも問題を抱えた女の子というある種ベタな設定に、そこまで期待はしていなかったんですよね。

しかし放送が始まるとベタどころか有り余る〈インパクト〉に一気にハマってしまいました。

今回はこの〈インパクト〉について特集してみようと思います。

 

 

藤原さくらの広島弁が可愛すぎる!

このドラマのポイントにもなっているのが主人公のきつ音。

どもりながら喋る姿はもちろんフィクションですから真に迫るといった様子では無いのですが、ドラマとしては没入出来るレベルに達していると思います。

私達が普段無意識に行っている話すという事が不自由なだけでここまでもどかしいものかと胸が締め付けられるんですよね。

 

そしてその感情の昂ぶりを強調する演出でも効果を発揮しているのが、主人公が育った広島の言葉である広島弁。

広島弁といえばかつてはガラの悪い言葉という印象も強かったですよね。

これは深作欣二監督の代表作でもある『仁義無き戦い』シリーズの影響が大きいのですが、藤原さくらさんが使うとめちゃくちゃキュートなんですよね。

 

彼女の出身は福岡県福岡市、もちろん生まれついての方言ではありません。

ですから広島の方からすれば違和感を感じるのかもしれませんが、多くの視聴者には好意的に受け取られているようです。

 

Perfumeのあ~ちゃんもそうなのですが、女の子の広島弁ってとてもかわいくないですか?

今後も物語の鍵となるシーンはこの広島弁が飛び出しそうですし、もしかしたらクライマックスでは広島弁で愛の告白、なんていうのもあるかもしれませんね。

 

 

歌声はYUIに似ている!?

藤原さくらさんって普段のセリフを発する時は声が低いですよね。

これはこれでかわいいと思うのですが、歌うシーンでの特徴的な声との落差がまた効果的な演出になっている印象があります。

 

歌手としての道も見えてきましたから今後はもっと歌のシーンも増えてきそうなのですが、この声がYUIさんに似ているという声も多いようです。

それもそのはず、初期衝動とも言うべきシンガー・ソングライターを目指したきっかけは姉がファンで知ったYUIさんなのだそうです。

カバーなども行っていたようで、第三話でも多数のカバーが行われましたから今後YUIさんの楽曲も使用されるかもしれませんね。

 

メディアによっては映画化の話まで飛び出しているこの『ラヴ・ソング』。

もしそれが本当だとしても昨年放送された『HEAT』のように視聴率次第では立ち消えになってしまいますし、そういった意味でも今後の展開から目が離せませんね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.