ドラマ

グッドパートナー第2話小西に野間口徹、宮前役にモロ師岡!

投稿日:

今回はこの春から新たに始まった人気ドラマの話題です。

 

 

テレビ朝日はドラマの王様!?

かつてはドラマの王様といえばフジテレビでした。

しかし、最近はドラマというコンテンツ自体をリアルタイムで視聴する人が減ったこともあり、各局そこまで数字に大きな開きは見られなくなっているんですよね。

 

そんな中、視聴率という結果でめきめきと頭角を表しているのがテレビ朝日。

前期、冬ドラマでも『相棒』や『スペシャリスト』が平均視聴率ランキングの上位を占めていましたし、今期も民放の連続ドラマとしては全てが現状上位にランクインしています。

これはリアルタイム視聴する層に強いラインナップである事が要因なのですが、リアルタイム視聴するという事はCMを飛ばされる心配が少ないですからテレビ局としてはこれ以上ない強みですよね。

 

 

『グッドパートナー』に注目!

テレビ朝日のドラマでもう一つ特徴的なのがオリジナル脚本での作品が強いという事。

近年は人気コミックやアニメの実写化がトレンドとなっている中、テレビ朝日はオリジナル脚本の率が高いんですよね。

しかも良作が多くシリーズ化する事も多い、これは他局には見られない傾向となっています。

 

そして今期から始まり、シリーズ化の噂が早くも出ているのが『グッドパートナー』。

主演には竹野内豊さんと松雪泰子さんという豪華キャスティング、物語もありそうでなかったビジネスリーガルを扱ったもので本当に面白いんですよね。

 

今回はこの話題作から第二話の注目の出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

野間口徹、モロ師岡がゲスト出演!

咲坂は顧問を務めるシンヨーメディカルから元社員のトラブルの解決を依頼される。

この元社員、小西という男で勤務態度が悪いために解雇されたのだが、不当解雇で訴えているというのだ。

 

そんな小西にキャスティングされたのは野間口徹さん。

野間口徹さんといえばこの『SP』での好演が評価され一気に知名度が上がりましたよね。

 

一般的な善良な市民からクセのある悪役までカメレオンのような芝居をされる名バイプレーヤーと知られる野間口徹さん、今作ではかなり問題のある男のようです。

かなりムカッとしそうですが、そういった登場人物がいてこそ最後にスカッとしますから、これもまた演技力の見せ所といえそうです。

 

そして小西の訴えを担当する代理人、宮前を演じるのはモロ師岡さん。

モロ師岡さんもまた素晴らしい俳優さんですよね。

今回では2つの案件で咲坂、夏目元夫妻を同時に相手取るということですからかなりのツワモノな登場人物。

劇中のバトルと同時に、主演陣との演技対決も見どころとなっています。

 

ちなみに今作についてはこちらの記事で特集していますので合わせてご覧下さい。

リンク:女優上地春奈がベトナム人お手伝いグエンでグッドパートナーに出演

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.