ドラマ

高橋一生が大河おんな城主直虎で演じる鶴丸、小野政次のwikiは?

投稿日:

今回は次期大河ドラマか楽しみな出演者の話題です。

 

 

高橋一生が大河ドラマ『おんな城主直虎』に出演!

私も含めついに時代が追いついたか、と思っているファンも多いのではないでしょうか、高橋一生さん大人気ですよね。

もともと素晴らしい俳優さんですから熱狂的なファンが多かったのですが、最近のブレイクっぷりはある種の戸惑いを覚える程かもしれません。

 

個人的にはこのブレイクのきっかけは大河ドラマ『軍師官兵衛』だったのではという印象があります。

台詞は少ないもののその表情で雄弁とも言える芝居を見せた事が大きな話題になり、知名度も爆発的に上昇しました。

その後は民放の連続ドラマでも出演頻度は増え、大きな役も増えたように思います。

 

そんな高橋一生さん、次期の大河ドラマ『おんな城主直虎』への出演が発表されましたよね。

そこで気になるのが高橋一生さんが演じる役どころなのですが、小野政次(幼名は鶴丸)という名前で発表されています。

しかしこの小野政次という人物、現在はwikiも無い状態ですので調べてみました。

 

 

小野政次ってどんな人?

この小野政次、様々な文献では小野道好、小野但馬守などの名で出てくる事が多いのですが、まずは父の小野政直(道高)について説明する必要があります。

 

小野政直は井伊家の家老でした。

しかし、仕えていた井伊直宗が亡くなり当主が井伊直盛になると立ち位置が変わります。

これはもともと今川家よりであった為だとか直盛との折り合いが悪かったなど諸説あるのですが、ともかく井伊家にとって厄介な人物になります。

 

大河ドラマの主人公、直虎は女であった為に婿養子として直親が許嫁に決まっていました。

それに対し小野政直は、直親の父が敵方と通じていると今川氏〈上司の上司とでもいいましょうか〉と密告(そんな事実はなかったようです)し、結果的に直親の父親は自刃、直親も命を狙われ逃れものの身に。

 

 

そんな父親を持ったのが、高橋一生さんの演じる小野政次。

直虎や直親の幼なじみでありながら、そういった父の持つというのはどういった気持ちだったのでしょう。

ここからは重大なネタバレを含みますので知りたくない方は読まないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史実では、小野政次もまた家督を次ぐと父と同じ道を歩みます。

なんと直虎と結婚するはずだった人物にして、幼なじみ(少なくとも大河ドラマでは)の直親が離反(または謀反)を企てていると今川氏に密告。

結果的に直親は命を落とします。

 

もしかしたら大河ドラマでは三角関係な恋愛模様を絡めるのかもしれませんね。

その後も何度も直虎を窮地に追い込む小野政次。

しかし、最終的には直親を密告した件の罪ではりつけに。これは仇討ちにも思えますね。

 

ただ、この井伊家への小野政次の冷酷とも思える仕打ちは、自らの家、今川家と井伊家の間での軋轢に苦しんだ末という見解もあるのだとか。

この史実を大河ドラマではどう解釈するのか、そして高橋一生さんがどう表現するのか。

 

「あ、これ完全に観ながら泣いちゃうやつだ」

なんて個人的にはすでに鬱に入っていますが、それと同じくらい楽しみだったりもします。

という事で紹介してきました大河ドラマ『おんな城主直虎』は2017年の放送となっています。

 

なお高橋一生さんについてはこちらの記事でも特集していますので合わせてご覧下さい。

リンク:高橋一生と岡田准一が友達というには親密すぎると話題に!

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.