ドラマ

朝ドラべっぴんさん坂東家執事に曾我廼家文童!読み方や経歴は?

投稿日:

今回は朝の連続テレビ小説から気になる出演者の話題です。

 

 

朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』がいよいよ放送開始!

大人気を博していた朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』もついに終わってしまいましたね。

本当に素晴らしい作品だっただけに早くもとと姉ちゃんロスになっている人も多いのでは無いでしょうか。

しかし朝の連続テレビ小説の良いところは週明けには次の作品が始まるところ、次はどんなドラマになるのかとても楽しみです。

 

朝の連続テレビ小説といえば若手俳優、女優が大ブレイクを果たす事でも知られていますが、名脇役が一躍人気者になる事も多かったりします。

個人的には『ごちそうさん』のキムラ緑子さんや『まれ』の田中泯さんが今でも強く印象に残っています。

 

そこで、今回は『べっぴんさん』から注目の出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

坂東家執事に曾我廼家文童!

この物語の主人公すみれは繊維会社を営む坂東家に生まれます。

その坂東家の執事を演じるのが曾我廼家文童さん、なんだか聞き慣れない名前ですよね。

という事で簡単にではありますが調べてみました。

 

曾我廼家文童、難しい漢字の名前ですがそがのやぶんどうと読みます。

ちなみに本名は脇田高吉と言い、この曾我廼家文童という名前は曾我廼家十吾に弟子入りした事から名乗る事になりました。

 

この曾我廼家というのが由緒のある名前で明治37年まで遡ります。

歌舞伎俳優で新喜劇の看板を初めて掲げた曾我廼家五郎、曾我廼家十郎という兄弟(これも芸名です)がその始まりで、その後松竹新喜劇へと続いていく近代芸能史でもとても重要な名前なんですよ。

 

曾我廼家文童さんは1946年生まれ、和歌山県白浜町出身で1962年で師匠に弟子入り、1974年に松竹新喜劇へ入団します。

その後はテレビや舞台、映画と幅広い活躍で知られる事になるのですが、その名前が一躍知れ渡る事になるのが1982年の朝の連続テレビ小説『よーいドン』。

キャリアはもちろん朝ドラ歴でも出演者の中では大先輩と言えますよね。

劇中では執事として坂東家を見守り、現場でも出演者を見守る重要な登場人物となりそうです。

 

ちなみに今作の主人公にしてヒロイン、芳根京子さんについてはこちらの記事で特集しています。

リンク:芳根京子と上地雄輔の噂の関係とは!?

芳根京子さんがこのお仕事をする事になったのには実は上地雄輔さんの存在があった、というのをご存知でしょうか。

知ると人に話したくなっちゃうこの話題、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.