映画

マイケル・ベイ『トランスフォーマー』降板の理由はミーガン・フォックス?

投稿日:

2014年の年末公開で、正月映画の目玉とも言われている『ミュータントタートルズ』の公開の延期が発表されました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=yli2Z5epx98

 

配給元のパラマウント・ピクチャーズ・ジャパンから発表されたもので、当初の予定の12月19日から2015年初頭へと変更になるのだとか。

年末公開でお正月を迎えるというのは映画の稼ぎどきですから何故そのような判断に至ったのか謎ですね。公開されている地域では評判も興行収入も上々ですし。

『ホビット』の三部作の完結編との直接対決を避けるため、というのが一番ありそうですが、それにしてはこの時期というのは決断が遅いような。

 

今作でヒロインを務めるのは、スカーレット・ヨハンソンと並び称される美女のミーガン・フォックス。

実は、彼女がヒロインを務めるのを聞いた時は「え?」と一瞬戸惑ったりしたのです。何故なら、今作の制作を務めたのがマイケル・ベイだったから。

この二人には因縁があって、マイケル・ベイがメガホンをとった「トランスフォーマー」の第二弾撮影時の彼女の監督批判発言がもとでその次の作品の降板という騒動があったのですね。

ただ、直接の原因はマイケル・ベイが怒ったのではなく、ミーガン・フォックスの発言にあった発言の一部が製作総指揮のスティーブン・スピルバーグの逆鱗に触れたからなのですが。映画界のドンともいえるスピルバーグの怒りをかった女優と仕事をする、というのはなかなか覚悟がいることですから、『ミュータントタートルズ』での起用に驚いたのです。

そんな矢先での、『トランスフォーマー』第五弾での監督降板発言でしたからそれは勘ぐりたくもなるってものです。

ちなみに第四弾製作時も監督から降りるという発言もありましたから、その時もミーガン・フォックスを『ミュータントタートルズ』で起用を決めたあたりかなとか勘ぐってみたり。

本人曰く、他にやりたいことがいっぱいあるからということですが、成功し続けている映画シリーズだけにその辺も素直に受け取れなぁったり。

真実は闇の中ですが、『ミュータントタートルズ』第二弾で引き続きミーガン・フォックスなんて話が出たらやっぱりなんて思ってしまいそうですよね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.