ドラマ

相棒15第17話尾上寛之がスガチー1888こと中鴨、渡辺哲も

投稿日:

今回はあの人気ドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

脚本家の個性が光る!『相棒』の魅力!

現在、ちょうど第16話を見終えたところなのですが今週も面白かったですね。

名エピソードと名高い陣川回の犯人が再登場、しかもかなり内容もハードな描写もあり息を呑んで見てしまいました。

それにしても野間口徹さんは本当に上手いですよね、本当にあんな人なのではと思わされたのは私だけでは無いはず。

 

『相棒』はこういった感じで毎話テイストが変わるのも見ていて楽しいんですよね。

ここまでの長い間シリーズが続いているのも、こうして視聴者を飽きさせないのが大きな要因だと思います。

これは素晴らしい脚本家の面々が参加していることで成立しているのですが、その個性もエピソードに大きく影響しながら世界観は壊さないというのは凄いことだと思います。

 

そして次回、これまた『相棒』らしく、ある意味新しい形のエピソードが控えているんですよ。

テーマになるのは投稿動画。

現実社会でもこの投稿動画というのは大きな社会現象になっていますよね。

それを濱田龍臣くんの名演も光ったseason13の『14歳』や女漫画家の奇妙な体験から始まるseason15の『嘘吐き』など名エピソードで知られる森下直さんが脚本を担当するというのですから期待も高まります。

 

今回はこの注目の『相棒season15』第17話から見どころを特集してみたいと思います。

 

 

『相棒season15』第17話のストーリーやあらすじは?

ある動画が世間を賑わせていた。

スガチー1888という人物がアップしラストワークと名付けられたその動画は、初老の男が銃を突きつけられステーキを食べるというもの。

リアルな事件なのか、フィクションな投稿動画なのか。

情報の少なさが逆に関心をひき、警察としては情報の少なさから犯罪ともそうでないとも判断がつかないでいた。

犯罪なら放っておくことが出来ないし、フィクションなら表現の自由の侵害になってしまう。

そこで白羽の矢が立ったのが特命係。

 

青木の協力で、スガチー1888が中鴨という男であるという事実が判明。

この男、事件の現場で動画を撮影、不謹慎なラップなどを載せてアップする事でも知られていた。

右京らは中鴨の自宅へ向かうも家賃滞納で引き払った後だった。

そしてラストワークの第二弾がアップされーー。

 

 

スガチー1888こと中鴨を演じるのは尾上寛之!

『相棒』って本当に起きてしまったらと考えさせられる社会派なエピソードも多いんですよね。

このような事件が実際に起きたらどうなるのでしょう。

通報が多ければ問い合わせは来るでしょうが、フィクションはフィクションと明記しなければならないのならテレビのドッキリ番組も放送できなくなるでしょうし・・・。

 

さて、そんな17話で鍵を握るのがスガチー1888こと中鴨、演じるのは尾上寛之さんです。

デビューが1994年の朝の連続テレビ小説『ぴあの』へ子役でという事ですから芸歴はなんと20年以上になるんですね。

ちなみにその後も朝の連続テレビ小説へは『カーネーション』など6本に出演しています。

『ROOKIES』への出演は大ヒット作だけに反響も大きく、印象に強い人も多いのではないでしょうか。

 

これまでに『相棒』への出演はありませんが、水谷豊さんとは映画『王妃の館』で共演しています。

安達祐実さんもそうですが、『王妃の館』出演後に『相棒』に出演というのはけっこうあるんですよね。

案外、水谷豊さんが気に入ってキャスティングなんて事もあるのかもしれません。

 

演技力も高く評価されていて、特に近年は怪演での芝居が光る出演が多い気がします。

ただ、ご本人は移住バラエティ『イチから住』などを見ていても好青年な印象。

演技力が高ければ高いほど芝居のイメージが世間に定着するというのもなんだかな職業ですよね。

 

今回も予告を見ていてもなかなかの癖のある人物の様子。

尾上寛之さんの怪演が光りそうですね。

また、動画に登場する初老の男として個性は俳優の渡辺哲さんが出演しているのも見逃せません。

 

という事で紹介してきましたドラマ『相棒season15』第17話、放送は3月1日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.