ドラマ

相棒15最終回18話に芦名星、羽場裕一が出演!降板は誰?

投稿日:

今回はあの大人気ドラマがついにシーズンフィナーレという話題です。

 

 

ついに『相棒season15』が最終回!

気がつけば3月、今年もすでに六分の一が終わってしまったんですね。

3月といえば冬期の連続ドラマが最終回を迎える時期でもあります。

 

今期も良作が多かったですから寂しい気持ちでいっぱいなのですが、個人的に一番寂しいのが『相棒』だったりします。

また今年の秋には始まると思うのですが、2クールという長い間毎週のように楽しみにしていましたからやっぱり寂しいんですよね。

 

振り返ってみれば、放送までは視聴率的に危ぶむ声も聞こえていたものの流石の強さを見せたseason15でした。

2クールどちらも平均視聴率ではトップクラスの成績ですからとんでもないことだと思います。

それなのに、昔より視聴率が下がっているとかいうのはナンセンスだと思うんですよね。

何しろ全体的に平均視聴率が下がっているのですから、比べるべきではないのです。

 

また、season15では米沢守の異動により出演機会が減った代わりに浅利陽介さん演じる青木がレギュラー出演になったのも印象的。

敵なのか味方なのか、協力的でありながら裏を匂わせるキャラクターはこれまでに無い魅力をドラマにもたらしました。

仲間由紀恵さんもお馴染みの『相棒』ファミリーとして定着しましたし、新しい『相棒』のカタチが見えてきたシーズンでもあったとも思います。

 

しかし、この二人がseason15の最終回で早くも物語上で降板の危機に瀕するようなのです。

 

 

 

『相棒season15』最終回18話のストーリー、あらすじは?

広報課長にして多くの秘密を抱える女、杜のパソコンが侵入を許し、多くの情報や画像が流出する事件が起こる。

これは青木が引き起こしたものなのだが、真っ先に疑いをかけられたのは冠城だった。

内部の犯行となれば出てくるのは監察官である大河内、杜は冠城から届いた不審なメールが怪しいと告発。

実際に冠城のパソコンからそのメールは出されていたのだが、そのパソコンにも侵入された形式があった。

 

流出した画像は風間というジャーナリストの手によって下世話な記事になるのだが、その記事の画像を見た右京は杜とも因縁のある天野の元へ出向き・・・。

 

 

芦名星が出演!そして降板は・・・

最後の最後にとんでもないことをしてくれるようですね、青木。

本当に良いキャラですからこれで降板というのは勘弁して欲しいのですが、あの青木が証拠を残しているはずが無い気も・・・。

しかしそうなると冠城が犯人にされますし、そうなると左遷というのも現実味が。

さらに杜もスキャンダル発覚で立場が危なそうですし、誰かが退場する可能性が高そうですよね・・・。

 

そんな18話ですが、ゲスト出演が発表されたのが芦名星さん。

こちらは2010年の『ねこタクシー』の時のインタビュー動画、6年前なのに変わらないですよね。

 

女優デビューが2002年ということで15年近くのキャリアを持つ芦名星さん、以外にも『相棒』へは初出演となるようです。

昨年は『異常犯罪捜査官藤堂比奈子』での怖すぎるラスボス役で注目を集めましたが、あれって続編無いんですかね。

怖すぎると同時に美しすぎるあの役はとても好きなのでまた見てみたいのは私だけでは無いはず。

スピンオフとか面白そうだと思うのですが。

 

今回演じるのはジャーナリスト。

杜との直接対決のシーンもあるようですから、美人女優の芝居対決も要注目です。

 

そしてこちらも注目なのが、天野役での羽場裕一さんの再登場。

天野はseason13の第1話で犯人だったんですよね。

あの時はカイトくんが相棒だったなあ・・・・なんて遠い目になりそうですが、考えてみればあの頃から杜の秘密は伏線として謎に隠されていました。

今回でその謎は明らかになるのか、それに天野はどう絡んでいるのか。

 

そんな楽しみな『相棒season15』最終回18話は3月22日の放送となっています。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.