ドラマ

宅麻伸、やべきょうすけがスーパーサラリーマン左江内氏出演

投稿日:

今回はあの人気ドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

邪道?王道?

それは私の友人のドラえもんファンと話していた時の事。

名実ともに国民的アニメとなり、映画も泣ける映画として好評を博し毎年のように最高収益を更新しているドラえもんですが、その劇場版が友人には面白く無いというのです。

 

その友人によると元々ドラえもんというのはSFコメディで、不思議な道具を使って巻き起こる騒動こそがその核なのだと言います。

つまり、ただのお気楽コメディなのですから泣けるような感動は原作ではあまり介在しない。

それがアニメや映画になると教訓や泣ける感動ありきになっていて、元々の魅力であるドラえもんの暴走や登場人物のやりすぎとも言えるコミカルな描写などがたまに登場する変なシーンという扱いになっているのが気に入らないというのです。

 

あくまでその友人の個人的な見解ですし、それが正しいのかはおいておくとして。

人気コミックやアニメの実写化が隆盛を誇っている昨今、こういった脚色や変更というのはよく見られますよね。

中にはキャスティングありきの実写化なのか登場人物の性別まで変えてしまう作品もあり、ネガティブな反響で炎上する作品も少なくありません。

 

そして、友人の話を聞いた時に思ったのは『スーパーサラリーマン左江内氏』ってもしかしたら凄いのかもしれないということ。

とかくやりすぎとも言える演出で人気の福田雄一さん、今作でもゴールデンタイムとは思えない演出で大きな注目を集めていますよね。

しかし考えてみれば原作の『中年スーパーマン左江内氏』はさえない中年がスーパーマンになるという面白さを核にしたコメディですから、ある意味原作へのリスペクトに溢れた作品ともいえると思います。

 

ゴールデンタイムの実写化ドラマではドラマでは王道でも実写化としては邪道な作品があふれる中、『スーパーサラリーマン左江内氏』はドラマとしては邪道かもしれませんが実写化としては王道、そんあ珍しい作品なのかもしれません。

 

 

宅麻伸、やべきょうすけが出演!

福田雄一作品といえば出演者の魅力を最大限に引き出す事でも知られています。

例えば先日出演した永野芽郁さんもモデルとして活躍していますし、映画でも主演作が封切りを控えながらもお茶の間での知名度は今ひとつな現状。

それを『スーパーサラリーマン左江内氏』ではキュートな方言に自称メンヘラというパンチのあるキャラに演出し、私の周りでも一気にファンが増えています。

さらに最終話には菅田将暉さんの出演が発表されるなど、豪華でバラエティに富んだキャスティングも今作の魅力なんですよね。

そして次回、第9話でも素敵な面々の出演が発表されているんですよ。

 

まず注目したいのは、宅麻伸さんの出演。

福田雄一監督と宅麻伸さんといえばやっぱり『勇者ヨシヒコ』シリーズですよね。

先日もムロツヨシさんが他局にもかかわらずメレブネタをぶっこむという快挙(?)が大きな話題になりましたからもしかしたら宅麻伸さんも・・・。

そうでなくとも宅麻伸さんが福田雄一さんの無茶振りに応えるというのは『勇者ヨシヒコ』で見ても明らか、只のゲスト出演では終わらなそうです。

ちなみに宅麻伸さんは今作でのコミカルなはっちゃけっぷりで話題の賀来賢人さんの叔父でもあるんですよね。

普通なら考えられないこういったネタも福田雄一さんならやってくれるかもしれません。

 

そしてこちらも注目なのが、やべきょうすけさんの出演。

こちらの

映画『闇金ウシジマくん』などコワモテ俳優として知られるやべきょうすけさん、福田雄一監督作品のファンであることも有名だったりします。

先日は『勇者ヨシヒコ』にも出演していましたし、この短期間で2作品目の出演ですから本人もノリノリで演じてれるのではないでしょうか。

 

ちなみに今回は強盗役での出演という事が発表されています。

コワモテ俳優らしいキャスティングではありますが、『勇者ヨシヒコ』でも盗賊という役ながら盗賊らしからぬ芝居で笑いを誘いましたし、今作ではどうなるのかとても楽しみです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』第9話、放送は3月11日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.