ドラマ

手塚とおる、池田鉄洋が小さな巨人に出演!

投稿日:

今回はこの春大注目なドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

『小さな巨人』は倍返しドラマ!?

ドラマ視聴率は年々低くなり、ヒット作も年々出にくくなっている印象があります。

そんな中で、民放としては異例のヒット作連発なのがTBSの日曜劇場。

月9を始めドラマ枠ブランドが衰退している中で、毎作のように高視聴率というのはとんでもない事だと思います。

 

この日曜劇場、良質なものをというのはもちろんわかりやすい展開というのも大きな特徴という印象があります。

『半沢直樹』や『下町ロケット』に代表されるように主人公が苦境に立たされ、個性的な悪役と対決し打ち倒す。

そういったある種の王道やお約束とも言えるものを重厚なドラマとして見せる事で幅広い層に支持されているんですよね。

 

そしてこの春始まるドラマ『小さな巨人』もそんなドラマの一つ。

警視庁捜査一課で奮闘し、キャリアの階段を登りつつある長谷川博己さん演じる主人公、香坂。

しかし警視庁内の権力闘争の罠にハマり、所轄への異動を命じられることに。

香坂をハメた黒幕へのリベンジは成功するのか、これがドラマの見どころになります。

 

そして前述したようにこういったドラマでかかせないのが個性的な悪役、今作でも最大の敵として『半沢直樹』での怪演が話題になった香川照之さんがキャスティングされている他、魅力的な役者さんの出演が発表されているんですよ。

 

 

警務部監察官の柳沢肇役で手塚とおるが出演!

警務部というのは全国の警察に必置の部署で、人事や会計を行う部署。

中でも監察官は内部の監督査察を行い、警察の警察とも言われる。

『相棒』シリーズで神保悟志さんが演じる大河内をはじめ警察を題材にした多くの作品に登場し、その多くがあまり好意的な描かれ方をしないのも特徴かもしれません。

そもそもそういった作品では警察官が主人公である以上、嫌疑をかけたり嗅ぎ回ったりする監察官は鼻つまみ者として描かれるのは当然かもしれません。

 

そして今作でその監察官、柳沢肇を演じるのが手塚とおるさんです。

『半沢直樹』など数々の作品に出演、その圧倒的な嫌われ役っぷりには定評がありますが『アウトデラックス』などバラエティ番組へ出演しているのを見ているとご本人もなかなかのアクの強い人物の様子。

ドラマ『小さな巨人』では第1話から登場し、主人公に対してかなりの絡み方をするようです。

 

ただ、個人的にはもしかしたら後半は役回りに大きな変化があるのではという気も。

今作では主人公が自分をハメた敵と対峙するのがテーマなわけですが、その相手はおそらく警察組織の人間。

という事は、警察組織の人間を裁くには監察官、つまり柳沢の力が必要なはずなんですよね。

柳沢自身も悪に手を染めておりまとめてリベンジされるという可能性もありますが・・・。

ともあれ、手塚とおるさんですからドラマを大きく盛り上げてくれることには変わりなさそうです。

 

 

副署長の杉本学役に池田鉄洋

主人公が飛ばされる事になる芝署、その副署長を演じるのが池田鉄洋さん。

『TRICK』シリーズなどへの出演で知られる個性派俳優として知られる池田鉄洋さん。

三枚目などコミカルなキャラクター演じる事も多いですが、悪役を演じる事も多いんですよね。

 

今回の出演ではどういった人物になるのかという事は明かされていません。

しかし、春風亭昇太さん演じる署長の三笠は主人公n香坂を高く評価し、香坂もまた三笠を信頼しています。

こうなると副署長としては面白くないはずですから香坂に辛くあたる可能性が高いのではないでしょうか。

 

個人的にはこの署長三笠も案外黒幕候補としてはありえるのではと思ったりしています。

香坂の敵は誰で、リベンジは成功するのか。

目が離せないドラマになりそうです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『小さな巨人』、放送は4月16日からを予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.