ドラマ

クライシス4話有馬教授に小市慢太郎、暗殺者に浜田学

投稿日:

今回は現在大好評放送中のあのドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

映画化はよ!

現在放送中の春ドラマ、数々の良作が並び毎日楽しんで知るのですが、中でも一番の衝撃作と言えば『クライシス公安機動捜査隊特捜班』。

『BORDER』や『SP』の金城一紀さんの作品ですから覚悟(期待?)はしていたのですが、それを上回る衝撃度に本当に驚かされています。

 

例えば第2話ではフリージャーナリストの命を奪い、少女をその手にかけた黒幕に辿り着いたものの手を引くことになり、第3話ではテロルの実行犯を追い詰めた先で自ら命を絶たれてしまう。

第3話ながらこれまでの放送の全てで悪者に敗北してしまうというのはまさにドラマとしては異例。

「俺たちに勝ち目はあるのか」という劇中のセリフがとても印象的でした。

 

第3話の終盤、平成維新軍の一人である坂本は子供にも見える学生ととれるシーンがありましたね。

出演が予告されている金子ノブアキさんも気になりますし、平成維新軍がどれほどの組織なのか、勝ち目はあるのか。

これだけ豪華な作品ですからやはり結末は映画という事になりそうですが、今からその公開が待ち遠しいです。

 

今回はこのドラマ『クライシス公安機動捜査隊特捜班』第4話から気になる出演者を特集してみようと思います。

 

 

教授の有馬役で小市慢太郎が出演!

第3話で特捜班に下されるオーダーはある男の警護。

ちなみに要人の警護は通常警備部警護課の仕事なのですが、それは通常の話。

民間人、しかも表には出せない案件の為に特捜班に白羽の矢が立ったものと思われます。

そもそも警護はあくまで警護、テロル実行者の制圧や確保も考えるなら稲見擁する特捜班がうってつけですよね。

 

この警護対象者、名前を有馬という教授で航空宇宙額の専門家。

演じるのは小市慢太郎さんです。

 

出演作は数多くというよりも膨大な量にのぼり、名バイプレーヤーとして有名な小市慢太郎さん。

最近では藤原竜也さん主演の『そして、誰もいなくなった』へ出演しその怪演が大きな話題になりました。

小市慢太郎さんって怪演はもちろん、被害者の父親だったり人情派な人物だったりどんな役でも本当に素晴らしい芝居で見せてくれるんですよね。

芝居の上手い役者として名前があがる事はなかなかありませんが、日本屈指なのではと思っています。

 

今回の出演では傲慢な一面もある人物の様子。

テロルのターゲットにされる事で劇中どのように変化していくのかも要注目です。

 

 

暗殺者の石立に浜田学!

『クライシス公安機動捜査隊特捜班』では毎話登場する強敵との激闘も見どころの一つ。

第1話では日本が誇るアクション俳優三元雅芸さんが、第2話ではジャパンアクションアワード最優秀賞にも輝いた山口祥行さんが出演し見応えのある対決シーンを見せました。

そして第3話、暗殺者の石立役で出演するのが浜田学さん。

文学座俳優養成所出身で大河ドラマ『武蔵』や『龍馬伝』など数々の名作ドラマに出演することでも知られます。

特捜班の前に立ちはだかり有馬の命を狙う強敵、今回こそは特捜班は勝つことが出来るのでしょうか。

しかしすでに衝撃の結末がTwitterでも予告されていますからもしかしたら・・・。

 

という事で紹介してきましたドラマ『クライシス公安機動捜査隊特捜班』第4話、放送は5月2日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.