ドラマ

警視庁捜査一課9係12第7話看護師理沙役に穂花こと下村愛が出演

更新日:

今回は現在放送中のあのドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

シリーズ作品が続くということ

今期も視聴率が5%台の作品が続出するなど、ゴールデンタイムとはいえドラマの視聴率の低下はますます深刻化しているようです。

そんな中で、おそらく局としては唯一といえる程の成績を残しているのがテレビ朝日。

なにしろゴールデンプライム帯の連続ドラマの平均視聴率がここまで全作品10%を越えているというのですから驚きです。

 

この好調の要因としては何と言ってもシリーズ作品という他局に無い強みが挙げられます。

『相棒』や『科捜研の女』、『ドクターX』など長寿かつ高視聴率作品を多く抱えるのはテレビ朝日ならでは。

特に『相棒』が顕著だと思うのですが、シリーズが続くことでメインキャストが降板、新加入する事も物語の魅力になるんですよね。

新たな風が入ったり、出演者が増えることでドラマに厚みが出たりと海外ドラマに通じ部分もあるように感じます。

 

『警視庁捜査一課9係』も今年でSeason12を迎えるそんな人気シリーズの一つ。

今年は主演の渡瀬恒彦さんの訃報という悲しいニュースがありましたが、現在は物語の中では出向という形で進行していますよね。

もしかしたらこういった形はどうなのだろうと考える人もいるかもしれません。

しかし、個人的にはドラマが続くことで、渡瀬恒彦さんもまたドラマの中に生き続けるような気がしているのでこの先も息の長いシリーズになったらなと思います。

 

今回は、そんな人気作『警視庁捜査一課9係Season12』第7話から気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

穂花こと下村愛が看護師の理沙役で出演!

私も『警視庁捜査一課9係』を毎週に楽しみにしており、放送後には次回のあらすじを公式サイトでチェックするんですね。

それで驚いたのが、下村愛さんの出演。しかもその役どころにも驚いてしまいました。

 

下村愛さんというのは数年前まで穂花という芸名で活躍していたのはご存知の方も多いかと思います。

男性向けの作品といいますか、そういった映像作品で活躍されていた女優さんで業界トップのタイトルを獲った事もあるんですよね。

 

そんな彼女が最近注目を集めたのが、映画『無垢の祈り』。

この作品は平野夢明さんの小説の実写化で過激な虐待や暴力シーンがあることから物議を醸した作品でもあります。

ただ、海外のホラー映画のような暴力性を売りにするものでは無く、人間の根底に流れるものを描いた傑作という評価をする人も多いんですよ。

 

この作品で下村愛さんが演じているのは、虐待を受ける少女の母親役。

これは彼女が自叙伝でも明かしているのですが、下村愛さん自身も家族からの虐待を経験している過去を持ちます。

そんな下村愛さんが、少女の母親を演じる。

私はこの壮絶さとその覚悟に息を呑んでしまいました。

それだけに、今作での演技は多くの人が高く評価するものとなっています。

 

そして今回の『警視庁捜査一課9係』への出演。

演じる理沙は介護施設の看護師で、過去に男性向けのビデオ作品に出ていたという設定。

その過去の口止めに男にゆすられて、それが事件の嫌疑に変わるようです。

 

実は下村愛さんもかつて看護師として働いていた過去があります。

それは介護施設ではありませんでしたし、劇中とは女優活動との順番は違いますが、ただ、こういったキーワードが多く符号する役柄というのはとても難しいのではと感じてしまいます。

 

あくまで個人的な印象ですが、『無垢の祈り』にしても今回の出演にしても彼女はこれまでの人生を否定してはいないのではないでしょうか。

きちんと向き合っているからこそ、こういった役柄にも臨めるのだと思います。

メジャーシーンで活躍する女優さんでこういった人というのはとても稀有なんですよね。

それだけに、これからの下村愛さんの活躍が楽しみでなりません。

今回の彼女の芝居にも是非注目してみてくださいね。

 

という事で紹介してきました下村愛さんも出演するドラマ『警視庁捜査一課9係Season12』第7話、放送は5月24日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.