ドラマ

ごめん愛してるサックス奏者古沢塔子役大西礼芳坂口健太郎との関係は

投稿日:

今回はこの夏放送されるドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

韓国ドラマのリメイクの未来は

私はレンタルDVDのショップに行くのが好きで、結構足を運びます。

目当ての作品がある事も多いのですが、そういう時でもそうでなくてもお店の中をぶらぶら見て回るのも楽しいんですよね。

そんな時に良く思うのが、韓流ドラマの相変わらずの人気。

 

かつてはテレビなどでも特集される程に韓流ブームが訪れていました。

今は下火になっていると言われますが、それでもこうやって韓流ドラマは定番として定着しているんだな、なんて実感しちゃったり。

 

この韓流ドラマ、その魅力はわかり易さとドロドロの愛憎劇であると言われています。

昔は日本でも多く見られたドロドロの愛憎劇、最近では奇をてらった設定重視だったり、人気コミックやアニメの実写化が制作されるドラマの大半を占めていますよね。

ドロドロの愛憎劇というのはある種、勧善懲悪にも似たお約束展開という安心感がありますから、そういった面が支持されている要因なのだと聞いたことがあります。

 

ただ、韓流ドラマを見たことがある人はわかると思いますが、演出にくせのようなものがあるんですよね。

私もそういった面が苦手であまり見ないのですが、そういった人は意外と多いのではないでしょうか。

 

そういう意味でも注目なのが、この7月より放送されますドラマ『ごめん、愛してる』。

このドラマ、同名の韓流ドラマのリメイクなのですが、韓流ドラマのリメイクといえばこれまでに草なぎ剛さん主演の『銭の戦争』や大野智さん主演の『魔王』など多くのヒット作を輩出していますよね。

これは、前述した韓流ドラマの醍醐味そのままに日本人にあった演出で描いているのが好評の要因なのだと思います。

『ごめん、愛してる』がヒットすれば、人気コミックやアニメの実写化に続く新たなブームになるかもしれませんね。

 

今回はそんな注目作『ごめん、愛してる』から気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

大西礼芳がサックス奏者の古沢塔子役で出演!

幼いころに母親に捨てられ不遇な人生を歩み、いまや裏社会の住人となった岡崎律。

そんな中で出会った女性凛華、この出会いが二人の運命を帰ることになる。

律を捨てた母の麗子は息子のサトルを溺愛し、それを知った律は複雑な思いを抱える。

そしてサトルに思いを寄せる凛華、しかしサトルは天才サックスプレイヤーの古沢塔子に惹かれていた。

 

やはりというかドロドロな人間関係ですね。

メインキャストには永瀬正敏さんに吉岡里帆さん、大竹しのぶさんに坂口健太郎さんと豪華な面々が顔を揃えているのですが、中でも注目したいのは古沢塔子にキャスティングされた大西礼芳さん。


こちらは現在放送中の『フランケンシュタインの恋』で共演者の面々とのもの。

稲庭工務店の一員、玉名瑠以役で出演し良い味を出しているんですよね。

 

京都造形芸術大学在学中に女優デビューを果たした大西礼芳さん、これまでに数々の作品に出演し、朝の連続テレビ小説には『花子とアン』『べっぴんさん』と2作品に出演しているんですよ。

今作ではサックス奏者という役柄ですが、大西礼芳さんは13際から7年間サックスを吹き経験を積んできた経歴を持ちますから、吹き替えなしでの演奏シーンが期待できそうです。

 

また、今作ではサトルが夢中になる人物ということですが、サトルを演じる坂口健太郎さんとは所属事務所が同じトライストーン・エンタテイメントだったりします。

トライストーン・エンタテイメントといえば小栗旬さんに綾野剛さん、miwaさんに間宮祥太朗さんと多くの才能が集うことで有名な芸能事務所。

大西礼芳さんも今作をきっかけに大ブレイク、というのもあるかもしれませんね。

 

という事で紹介してきましたドラマ『ごめん、愛してる』、放送は7月からのTBS日曜劇場となっています。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.