ドラマ

警視庁捜査一課長2第7話に大地真央、藤吉久美子が出演!

投稿日:

今回は現在放送中の人気ドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

需要と供給

ついにというか某テレビ局の連続ドラマから視聴率4%台の放送回が出てきましたね。

夜9時から、ゴールデンタイムとも言われるこの時間帯で、制作費もバラエティにくらべ高額なドラマでこの成績というのはかなりの一大事ではないでしょうか。

 

はっきり言ってこの原因、視聴者のニーズとの乖離だと思われています。

アニメ化もされた原作小説の大幅な改変、しかもそれが出演者に合わせるためとも思われてもしょうがないものでしたから支持を得られないのも当然かもしれません。

 

そういう意味では、視聴者のニーズにしっかり答えているのがテレビ朝日。

今期もドラマ平均視聴率ランキングで上位をほぼ独占。

しかも平日のゴールデンタイムドラマのすべてがシリーズ作品という他局には見られない布陣となっています。

 

高視聴率をとるという事は視聴者の需要があるという事で、ならばシリーズ作品として制作し続ける。

シンプルな事だと思うのですが、他局ではここまでシリーズ作品を量産するケースは先ず無いですし、そこにはもしかしたら視聴者のニーズよりも別の理由があってのドラマ制作なのかなとか考えちゃいますよね。

 

来季もテレビ朝日からは『遺留捜査』や『刑事7人』といったシリーズ作品の放送が発表されていますし、ドラマでのテレビ朝日の天下はまだまだ続きそうです。

 

そんな好調なテレビ朝日から、現在Season2を迎える高視聴率ドラマ『警視庁捜査一課長』第7話より注目の出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

大地真央がニコタマバッグ社長仙道役で出演!

羽田沖にてゴムボートにのせられた男性の遺体が発見される事により第7話は幕を開けます。

外傷の程度に比べボート内の血量が少ないこと、ボート内のアタッシュケースから3000万円の現金が見つかった事で謎を増す事件。

その後の調べで遺体の男はバックブランドであるニコタマバッグの経理担当役員であった事が判明。

捜査が進む中で謎が謎を呼び・・・。

 

そんな第7話で、ニコタマバッグ社長の仙道役で出演が発表されているのが大地真央さん。

本当にお綺麗ですよね、現在61歳とはとても信じられない・・・。

宝塚音楽学校に入学したのが1971年の事ですから、45年以上のキャリアを誇ることになります。

 

舞台、ドラマに映画と様々なフィールドで女優として活躍する大地真央さん。

昨年は福田雄一さん演出、山田孝之さん主演の『勇者ヨシヒコ』最新作に出演し日本中を驚かせました。

また、バラエティ番組でも奔放に振る舞われますし、こういった少女性というのもその魅力なんですよね。

 

今回の出演では疑惑の女社長役。

内藤剛志さんや田中圭さん演じる捜査一課との演技対決、とても楽しみです。

 

 

副社長の飯窪役で藤吉久美子が出演!

そしてこちらも注目なのがニコタマバッグ副社長、飯窪役での藤吉久美子さんの出演。

大地真央さん演じる仙道とは険悪な様子が目撃されており、この人間関係が事件にどのように絡む事になるのでしょうか。

 

藤吉久美子さんは1982年に放送されました朝の連続テレビ小説『よーいドン』のオーディションでヒロインに抜擢された事で芸能界デビューします。

しかし、私も知らなかったのですがその前にあの劇団☆新感線に入団していたそうです。

朝ドラヒロインへの抜擢で大学中退と共に、劇団☆新感線も退団したそうですよ。

劇団☆新感線といえば古田新太さんや橋本じゅんさんといった看板俳優を抱える屈指の人気劇団、もし朝ドラヒロインの抜擢が無ければ看板女優になっていたかもしれませんね。

藤吉久美子さんと大地真央さんとの共演というのもとても見応えがありそうです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『警視庁捜査一課長』第7話、放送は6月1日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.