ドラマ

淵上泰史がわにとかげぎすで上原役、吉村界人は雨川

投稿日:

今回はこの夏注目のドラマについての話題です。

 

 

ドラマ『わにとかげぎす』に注目!

近年、テレビ業界が力を入れているのが深夜ドラマ。

これはゴールデンタイムよりも自由な表現が可能な事や、地上波以外にも配信サイトなどの試聴が多くなっている事など様々な要因が考えられますが、『闇金ウシジマくん』や『勇者ヨシヒコ』など毎年多くの人気作が誕生し、映画化される作品も少なく無いんですよね。

 

そんな中で意欲的な作品を放送しているのがTBS系の水曜深夜枠。

2015年に水ドラ!!として枠が新設されるとオダギリジョーさん主演の『おかしの家』や前田敦子さんが体当たりの芝居で挑んだ『毒島ゆり子のせきらら日記』などを放送し高い注目度を誇っています。

まさに深夜ならではのオフビートだったり過激さをもつドラマは中毒性があり、私も毎クールどんな作品が放送されるのか楽しみにしているんですよね。

 

そんな水ドラ!!からこの夏放送されるのが、ドラマ『わにとかげぎす』。

今回はこの話題作について特集をしてみたいと思います。

 

 

『わにとかげぎす』ってどんなドラマ?

 

作品によってこの人ほど印象が違う作家も珍しいのではというのが古谷実さん。

ある程度の年齢の方には『行け!稲中卓球部』でのギャグの印象が強いでしょうし、近年は目を背けたくなるような描写も厭わない怖さという印象があるかもしれません。

また、映画化されている作品も『ヒミズ』や『ヒメアノ~ル』と人間の内面に深く切り込んだ物語で新たなファンを獲得しています。

 

さて、『わにとかげぎす』ですが、このタイトルはワニトカゲギスという硬骨魚綱の分類目からとられています。

その多くは深海から出ることなく暮らすのが特徴で、主人公に重ね合わせているのかもしれません。

 

主人公の富岡はスーパーの警備員をしている。

それまでの人生で友人や恋人といった深い人間関係を気付いてこなかった事に気づき、一歩踏み出すことを決意。

そんな富岡と彼に一目惚れする美女、彼に関わる事になるホームレスといった人間関係や彼を見舞うトラブルを通し、富岡の成長を描きます。

 

今作は人気お笑い芸人の有田哲平さんが主演を務め、相手役に本田翼さんがキャスティングされている事でも大きな注目を集めていますが、共演者にも強力な面々がキャスティングされているんですよ。

 

 

淵上泰史、吉村界人が出演!

まず個人的に注目したいのが淵上泰史さんの出演。

こちらは主演を務めた映画『ダブルミンツ』のものですね。かっこいい・・・。

 

元々はプロサッカー選手を目指していたという淵上泰史さん、2011年に俳優デビューを果たしてからは着実にキャリアを積んできた印象がありますが、今年はドラマでも大活躍。

先日まで放送されていた『恋がヘタでも生きています』では恋ヘタな遊び人を公演し多くのファンを獲得しました。

最終回のプロポーズにきゅんきゅんしちゃったのは私だけでは無いはず。

 

そんな淵上泰史さんも素敵だったのですが、個人的には『ファーストクラス』のような個性的なキャラも好きだったりします。

今作で演じる上原も原作ではかなり強烈な人物ですから、淵上泰史さんの振り切った芝居が見れそうです。

 

そしてこちらも楽しみなのが、雨川勇役で出演の吉村界人さん。

ブレイク必至としてすでに各メディアで紹介されていますからご存知のお方も多いと思いますが、特筆すべきはその存在感だと思うんですよね。

芝居の上手い若手はいますが、雰囲気があるとなるとそうはいません。

また、奔放で強気な発言もその魅力。

松田優作さんを彷彿とさせるような、稀代の俳優と言えるのではないでしょうか。

 

主演の有田哲平さんもそうですが、淵上泰史さんや吉村界人さん、さらにコムアイさんもキャスティングされたりとかなりトガッたキャスティングのこのドラマ。

この夏屈指の話題作になりそうです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『わにとかげぎす』、放送は7月19日からを予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.