ドラマ

中村梅雀がごめん、愛してる吉岡里帆父、六角精児も出演

投稿日:

今回はこの夏注目の連続ドラマ『ごめん、愛してる』から気になる出演者の話題です。

 

 

ドラマ枠とカラー

現在は特番期間で連続ドラマの放送が無く寂しい思いをしている人も多いことかと思います。

しかしついに今週末から続々と放送開始、楽しみですよね。

 

そんな中で今回注目したいのはTBSの日曜劇場で放送される『ごめん、愛してる』。

韓国の同盟ドラマのリメイクとして大きな話題を呼んでいるこの作品ですが、果たして本当にこのドラマはヒットするのでしょうか。

 

TBSの日曜劇場といえば数々のメガヒット作品を輩出してきた看板枠、おそらく現在の民放のドラマ枠では最強だと思います。

だからこそ、今回の『ごめん、愛してる』には少しの不安を覚えるんですよね。

 

というのも、同枠でのこれまでのメガヒット作品は『半沢直樹』や『下町ロケット』など、重厚な人間ドラマとサクセスストーリー、勧善懲悪といった老若男女だれが見ても面白いものだったのです。

これは日曜劇場の強さの秘密であり、同枠のカラーと言えるもの。

 

それが『ごめん、愛してる』は韓国ドラマのカラーであるドロドロの愛憎劇をメインにしており、これまで日曜劇場で放送される事が少なかったジャンルなんですよね。

韓国ドラマは現在もヒットしていますが、一定の年齢層の女性の支持が強く、老若男女幅広くというわけでもありません。

 

草なぎ剛さんが主演した『銭の戦争』『嘘の戦争』は同じく韓国ドラマのリメイクながらヒットしましたが、この作品には騙し合いや逆転劇のようなエンタメ要素がふんだんに盛り込まれていました。

もし『ごめん、愛してる』がヒットすれば、愛憎劇の需要の証明にもなりますし、新たな可能性を生むかもしれませんが諸刃の剣とも言えそうです。

 

 

中村梅雀、六角精児が出演!

このドラマ『ごめん、愛してる』は長瀬智也さんや坂口健太郎さん、吉岡里帆さんという人気俳優の共演でも注目を集めていますが、共演者にも強力な面々が顔を揃えています。

個人的に注目なのが、ベテランながらこれまでのイメージとかけ離れた役にチャレンジする俳優さん。

まず紹介したいのは、三田恒夫を演じる中村梅雀さん。

 

三田恒夫は吉岡里帆さん演じる凛華の父で、長瀬智也さん演じる主人公律の母で大竹しのぶさん演じる麗子のマネージャー。

その忠誠心は崇拝に近く、一生尽くす事を誓っている。

日本が誇る歌舞伎役者であり、映像作品でも数々の名演を見せる中村梅雀さん。

とはいえ、演じているの赤かぶ検事などの印象が強く、ひょうひょうとしている印象が強いですよね。

しかし今作では麗子を盲信し、彼女のためならどんな事をもという人物を演じます。

その崇拝、盲信がドラマの展開次第ではかなり怖い一面を見せることにもなるかもしれません。

普段のイメージに無いだけに、そうなると大きな話題になりそうですね。

 

 

加賀美役に六角精児!

加賀美修平は麗子に恨みを持つフリージャーナリスト。

スキャンダルを狙って律に近付くことに。

 

そんな加賀美修平を演じるのは六角精児さんです。

六角精児さんといえば『相棒』の米沢守のイメージが強いですよね。

そうでなくてもあまり怖いというイメージは無いと思います。

それが今回では麗子に恨みを持つ人物、大竹しのぶさんも迫力がある女優ですからこの対決はかなりの見ものになりそうです。

また、前述しましたように三田恒夫は麗子を崇拝していますから、加賀美との対決もあるかもしれません。

六角精児さんと中村梅雀さんがバチバチに火花を散らすってレアですよね、楽しみです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『ごめん、愛してる』、放送は7月9日からを予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.