ドラマ

森田甘路が僕たちがやりました科学教師熊野、犯人?

投稿日:

今回は現在放送中の人気ドラマ『僕たちがやりました』から気になる出演者の話題です。

 

 

僕たちがやりました?

現在放送中の夏ドラマ、それぞれに面白く毎日面白く見ているのですが、中でも私がお気に入りなのがドラマ『僕たちがやりました』。

人気コミックの実写化だけあって、本当に面白いんですよね。

 

私は原作コミックは未読なのですが、この作品って昔の『逃亡者』っていう映画に似たテイストを感じました。

ある日起きる事件、自分にかかる容疑、そして逃亡と犯人探し。

もちろん、こういった流れの作品は数多くあるのですが、その面白さに似たものを感じたんですよね。

 

近年映画やドラマを席巻している人気コミックの実写化作品。

個人的にはこれまでに映画やドラマでは見られなかった発想もその魅力の一つかと思います。

ハリウッドでも続々と実写化されていますし、それだけ魅力的な設定や物語が生み出されるジャンルと言えるのではないでしょうか。

『僕たちがやりました』にしても前述した『逃亡者』のようなサスペンスと、今のリアルな感情を取り入れた学園ドラマなど様々な側面があり、それが見応えにつながっていると思います。

 

しかし、やはり気になるのは爆破事件の犯人ですよね。

タイトル通りということはないでしょうし、その謎解きも今作の見どころの一つ。

今回は爆破事件の容疑者から怪しいあの人について特集してみたいと思います。

 

 

科学教師役の熊野演じる俳優は森田甘路!

ここまでの物語でもっとも怪しい人物といえばヤバ高の教師、熊野ですよね。

しかも科学教師ですから爆発物に関する材料も集められそうですし。

演じている俳優さんが現在注目の方なのもメタ読みで怪しさ倍増だったりします。

 

その俳優さんとは森田甘路さん。

1986年6月12日生まれ、出身地は東京です。

そのキャリアのスタートは2008年、劇団ナイロン100℃の新人オーディションに合格し劇団研究生として所属したことから。

ナイロン100℃といえば演劇好きには有名ですよね。

あの鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが主催し、三宅弘城さんや大倉孝二さんも所属する事で知られています。

2010年には研究生から劇団員に昇格、以降映像作品にも多く出演しています。

 

近年その活躍は目覚ましく、昨年はこちら

『でぶせん』で主役に抜擢されました。

 

さらに今年は春期の連続ドラマでは『母になる』と『人は見た目が100%』の2本の連続ドラマに、現在放送中の夏期では『僕たちがやりました』に『アキラトあきら』、『孤食ロボット』と3本もの連続ドラマに出演という忙しさを見せています。

名バイプレーヤーと呼ばれる廃油さんでもここまでの同時出演は珍しいのではないでしょうか。

 

そんな森田甘露さんですから、ただの科学教師としての出演ということは無いのではないでしょうか。

それだけにミスリード、怪しませるための登場人物というのも否定できませんが。

なにしろ古田新太さんや板尾創路さんといった存在感ある大物がまだなにやらわからない登場人物という状態なわけで、今後ドラマの展開にどのように関わるのかもわかりませんし。

ただ、展開がどうなるにしろ森田甘路さんが印象的な芝居を披露する見せ場はきっと来るような気がしています。

ぜひ皆さんも注目してみてくださいね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.