ドラマ

岡田義徳がドラマトドメのキス興信所根津、光石研は父親旺

投稿日:

今回はいよいよ放送開始されますドラマ『トドメの接吻』から気になる出演者の話題です。

 

 

タイムリープは鉄板!?

映画やドラマで人気のジャンルってありますよね。

ラブストーリーやアクションはもちろん、狭いジャンルでも人気のものは多くありますし多くの作品が題材にすることも少なくありません。

そんな中でも屈指の人気を誇るのがタイムリープもの。

 

タイムリープは広義では時間を移動すると定義されているのですが、中でも時間を繰り返すものが人気かつ良作の多い印象です。

洋画の『バタフライ・エフェクト』やアニメやゲームの『シュタインズ・ゲート』や『ひぐらしのなく頃に』など多くの人が見たことがあると思います。

個人的にはこのタイムリープというのは、サスペン的な驚きの仕掛けを作るのに適していると思うんですよね。

それもまた良作が多い要因かと思います。

 

そういう意味でも注目なのが、2018年最初のクールで放送されますドラマ『トドメの接吻』。

この作品、山崎賢人さん演じる主人公がタイムリープを繰り返すという設定だけでも面白そうなのですが、門脇麦さん演じるミステリアスな女性のキスをきっかけにという魅力的な要素もプラスされているんですよ。

なぜ門脇麦さん演じる女性は執拗に主人公を狙うのか、その目的もドラマの見どころになりそうです。

 

今回はこのドラマ『トドメの接吻』から気になる出演者について紹介してみたいと思います。

 

 

岡田義徳が謎を暴く!?

山崎賢人さん演じる主人公、旺太郎は人気ホストでありながら質素な生活をしている。

ある理由で金が必要な彼は次々と金持ちの女性をターゲットにするのだが、ある日を堺にミステリアスな女性からタイムリープ付きのキスの襲撃を繰り返し受けることに。

そんな旺太郎の抱える秘密の一つ、過去に弟と父親の船長を務めるクルーズ船に忍び込んだ際に沈没事件に巻き込まれたことがある。

その弟を探す依頼を母親から受けた、そう言って興信所の男、根津が現れる。

根津を演じるのは岡田義徳さんです。

岡田義徳さんと言えば名バイプレーヤーとして有名ですよね。

ちなみに昨年、2017年は20年以上所属したアミューズ事務所を円満退社し、個人事務所を設立していたりします。

 

岡田義徳さんほど作品によって違う顔を見せる俳優さんも珍しいですよね。

正統派な二枚目だったり、コミカルな三枚目、猟奇的な怪演も得意としている印象があります。

今回演じるのは興信所、いわゆう探偵を生業にする男。

主人公の抱える秘密や物語の謎を暴く役割に期待したいですね。

 

そしてこちらも注目なのが、主人公の父親である旺役で出演の光石研さん。

ドラマに映画にひっぱりだこな人気俳優の光石研さん、なんと今季はこの『トドメの接吻』と同時期に放送されます『バイプレイヤーズ』の新作にも同時出演するんですよ。

『バイプレイヤーズ』がこんなにも早く返ってくるとは・・・。私もとても大ファンなドラマなのでこちらも楽しみです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『トドメの接吻』、放送は1月7日からを予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.