ドラマ

矢野聖人が相棒16期13話前後編スペシャルに常盤臣吾役出演!

投稿日:

今回は現在放送中のドラマ『相棒』から気になる出演者の話題です。

 

 

ドラマ『相棒』が放送回数300回に!

今やドラマで確固たる地位を確立しているのがテレビ朝日。

数多くの人気シリーズを抱えているテレビ朝日、特に『相棒』は何度も映画化もされ国民的人気作品となっています。

そしてついに、放送回数が300回を迎えます。

作品が長く続くというのは愛されているからこそ。

昔のドラマ全盛期ならいざしらず、ドラマ氷河期とも言われ久しい中で結果を残し続けるというのは驚異と言えるのではないでしょうか。

 

この300回を記念して、特集サイトも作られているんですよ。

シリーズの謎や300回記念ドラマの関連エピソードなど面白いコンテンツ満載なので是非チェックしてみて下さいね。

 

今回前後編、しかも時間も延長で放送されるドラマは節目に相応しく豪華な内容となっています。

木村佳乃さん演じる片山雛子をはじめ、シリーズの人気登場人物が続々登場。

これもまた息の長いシリーズだからこそ出来る厚みの作り方ですよね。

 

今回はこの300回スペシャルから、気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

矢野聖人が常盤臣吾役で出演!

かつて特命係によってその罪が暴かれ、横領罪で10年の刑に服していた瀬戸内米蔵が仮出所の日を迎えた。

ジャーナリストの風間楓子や片山雛子の来訪などがあり、その後、檀家総代の息子である常盤臣吾と寺の手入れをすることに。

しかし、墓地の一角から白骨遺体が!

やがてこの事が、大きな事件へと発展していき・・・。

 

今回紹介したいのは、常盤臣吾役で出演の矢野聖人さん。

相変わらずイケメンですよね。

まずは簡単にではありますが紹介を。

 

矢野聖人さんは1991年12月16日生まれ、東京都出身。

高校時代から読者モデルとして活躍、2008年にはジャニーズ事務所に所属していたことも。

2010年にはホリプロ50周年記念事業『身毒丸』主演オーディションでグランプリを獲得。

『身毒丸』といえば藤原竜也さんが主演オーディションでグランプリを獲得してデビューした作品でもあるんですよ。

その後は数々の映像作品にも出演、個人的には『エイプリルフールズ』で窪田正孝さんと怪しい関係になっちゃう役が印象的だったりします。

 

今回の出演では瀬戸内米蔵の檀家総代の息子という役どころですが、矢野聖人さんが出演する以上、それ以上の意味がある気がするんですよね。

特命係との対決はあるのか、放送がとても楽しみです。

 

ということで紹介してきました300回スペシャルであるドラマ『相棒season16』第13話、放送は1月24日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.