ドラマ

蕨野友也が大河ドラマ西郷どんで海老原重勝役に

投稿日:

今回は現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』から気になる出演者の話題です。

 

 

一年おきの法則

現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』も放送開始から一月が経とうとしています。

視聴率的にはここまでの平均で15%に届かないほどと好調な様子。

 

大河ドラマには一年おきの法則と言われているものがあります。

最近では奇数年の『花燃ゆ』『おんな城主直虎』に比べ偶数年の『軍師官兵衛』『真田丸』の方が平均視聴率で3ポイント以上上回っており、明暗が別れているんですよね。

個人的にはどの作品も楽しく見ているのですが、ここまで数字に出ていると何かしらの原因や要因もあるのかもしれません。

 

上記の作品で言えば、偶数年は女性主人公に奇数年は男性主人公になっていますよね。

ということは、恋愛要素よりも武将の古典的とも言える一代記が支持されているということでしょうか。

だとしたら『西郷どん』はまさしく西郷隆盛の人生に焦点をあてた一代記、法則通りに視聴率も期待できるかもしれませんね。

 

今回はそんな大河ドラマ『西郷どん』から気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

海老原重勝役で蕨野友也が出演!

海老原重勝は第5話で登場する人物。

藩主斉彬に真意を問うため御前相撲に出場することを決めた西郷吉之助。

その相撲大会に出場し、糸の縁談相手でもあるのが上級藩士の海老原重勝。

 

調べてみると史実で海老原重勝という人物がいたかは確認出来ませんでした。

しかし、西郷隆盛と同世代の藩士で海老原穆(えびはらぼく)という人物がいたようです。

戊辰戦争に参加しその後は西郷隆盛と共に状況、陸軍大尉になるも明治六年の政変で西郷隆盛が下野すると呼応して辞職。

また、大久保利通に西郷隆盛の伝記を記すよう請われるなど縁深い人物ですからもし同一人物なら今後も重要な役となりそうです。

 

そんな海老原重勝を演じるのは蕨野友也さん。

蕨野友也さんは1987年8月4日生まれの俳優、出身地は宮崎県。

俳優デビューは2006年、所属事務所はA-team、伊藤英明さんや浅香航大さんと同じ事務所ですね。

2010年には『オールスター感謝祭』のミニマラソンで優勝したことも。

 

彼の名を一躍有名にしたのは『仮面ライダードライブ』に、敵幹部の仮面ライダーハート役で出演したこと。

その人気ぶりに主人公にしたスピンオフ映画作品も作られたんですよね。

昨年は舞台でも精力的に活動し、今年大注目の俳優さんの一人です。

 

今回演じるのは糸の縁談相手ということで、視聴者的には憎々しい役になるのでしょうか。

しかし、前述したようにもしかしたら今後も物語に深く関わる人物になる可能性もありますし、蕨野友也さんがどのように演じるのかにも注目です。

 

今後も大河ドラマ『西郷どん』から気になる出演者を見つけましたらこちらで紹介していきたいと思います。

では。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.