ドラマ

新井浩文がモンテ・クリスト伯神楽役、渋川清彦は地上げ屋寺角

投稿日:

今回はこの春始まるドラマ注目作から気になる出演者の話題です。

 

 

モンテ・クリスト伯が現代に!

最近は人気コミックやアニメの実写化も目立ってきたテレビドラマ。

しかし実写化するならば古典名作の方が向いていると思うんですよね。

長い歴史の中で愛されているからには魅力的な作品であることは折り紙付きとも言えますし、そのエンタメ資源ともいうべき埋蔵量はかなりの量にのぼります。

ただ、実写化するとなると脚本を現代に書き換えるなど工夫も必要ですし、名作である以上そのハードルも高いものになることは確かなのですが。

 

そういう意味でも注目なのが、この春にフジテレビで放送されますドラマ『モンテ・クリスト伯/華麗なる復讐』。

リメイクされるのはタイトルにもなっているモンテ・クリスト伯、巌窟王というタイトルの印象が強い人もいるかもしれません。

 

草なぎ剛さんが主演した『嘘の戦争』など、ドラマでも復讐モノというのは人気ですよね。

そこには勧善懲悪や爽快な逆転劇など様々な魅力が詰まっているからなのですが、その復讐モノとして世界でも屈指の人気を誇るのがモンテ・クリスト伯なのです。

現代に書き換えた脚本を担当しているのは『ボクのヤバイ妻』や『ストロベリーナイト』など数々のヒット作で知られる黒岩勉さん、この起用もまた期待感を煽ります。

 

さらに主演にディーン・フジオカさん、ヒロイン山本美月さんと豪華共演が実現した事でも注目を集めていますが、共演者にも楽しみな面々が顔を揃えているんですよ。

 

 

新井浩文、渋川清彦が出演!

まず注目したいのが、神楽清役で出演の新井浩文さん。

みんな大好きぱいせんこと新井浩文さん、私も大好きな俳優さんです。

コワモテな印象があった人も多いかもしれませんが、近年はバラエティ番組に出演することも多くその印象も変わったのではないでしょうか。

前々からのファンにはTwitterなどでその人柄は知れ渡っており、根強い人気を持つ事でも知られています。

 

しかしその魅力はなんといっても演技力。

今回の出演では主人公の頼れる兄貴分であり、関係の変化から主人公に対して暗い感情を発露させるという役どころ。

新井浩文さんがどんな芝居で見せてくれるのか、とても楽しみです。

 

そして楽しみと言えばこちらも見逃せないのが地上げ屋の寺角役で出演の渋川清彦さん。

きーさんの愛称で多くのファンに愛される名優です。

その存在感は唯一無二、どんな作品でも印象的な芝居で見るものを惹きつけます。

個人的には新井浩文さんと渋川清彦さんが共演するというだけでも大歓喜、フジテレビでやるじゃんとなぜか上から目線になってしまうほど。

 

そんな楽しみなドラマ『モンテ・クリスト伯/華麗なる復讐』、放送は4月19日からを予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.