ドラマ

矢作穂香が正義のセ2話町田まりあ役、財前直見と大澄賢也の娘に

投稿日:

今回は現在放送中のあのドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

今期もお仕事ドラマが好調!

ドラマ視聴率氷河期とは言われていますが、放送枠によって明暗が分かれた二極化が進行している印象があります。

一昔前は王者として君臨していた月9は寂しい状況ですし、TBSの日曜劇場は毎作高視聴率で知られていますよね。

 

そんな中で好調なのが日本テレビの水曜ドラマ。

この放送枠、かつてはフジテレビも裏番組でドラマを放送していたものの度重なる大敗に撤退した過去があり、そこからも強さを伺わせます。

 

個人的に思うこのドラマ枠の特徴は、数多くの名作お仕事ドラマが放送されているということ。

近年だけでも『家売るオンナ』や『地味にスゴイ!校閲ガール』などスペシャルドラマ化されるほどの人気作がありますよね。

わたし達の生活の中で、意外とその実態が知られていない職業というのは多くあります。

そんな非日常を垣間見ることが出来るのもお仕事ドラマの魅力ではないでしょうか。

 

今期から放送が始まりましたドラマ『正義のセ』もそんなドラマの一つ。

女性検事という職業の中で奮闘する主人公を描いた今作、初回から11%の好記録でのスタートとなりました。

吉高由里子さんが演じる主人公が今後、仕事に恋にとどのような成長を見せるのかとても楽しみです。

 

今回はこのドラマ『正義のセ』第2話より、気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

矢作穂香、財前直見が出演!

まず注目したいのが町田まりあ役で出演の矢作穂香さん。

矢作穂香さんは1997年3月7日生まれ、千葉県出身の女優。

以前は未来穂香の名前で活動していましたからその印象が強い人も多いかもしれません。

小学校の時にスカウトされ雑誌ラブベリーなどでモデルとして活躍、やがて芝居の仕事へも進出。

中でもその名を世界に轟かせたのは、初主演作となった『イタズラなKiss』。

この作品、海外でも放送され大ヒット、古川雄輝さんと共に中国などでも名前を知られる存在になったんですよ。

その後、海外へ留学。

そして2017年からは研音へと所属事務所を変え、芸名も本名である矢作穂香へと改め新たな一歩を踏み出しました。

若手女優としては屈指の期待度を誇る彼女、是非その演技にも注目してみてくださいね。

 

そしてこちらも注目なのが、まりあの母である町田かれんを演じた財前直見さん。

芸能界デビューが1984年ということで、実に30年以上のキャリアを持つ彼女。

今は福士蒼汰さんをはじめ多数の人気俳優・女優を抱える研音を大きくした立役者とも言われているんですよ。

今回演じているのは夫を死亡させてしまう主婦の役。

この事件の裏にどんな真実が隠されているのか、そしてそれをどんな芝居で見せてくれるのかとても楽しみです。

 

ということで紹介してきましたドラマ『正義のセ』第2話、放送は4月18日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.