サブカルニュース

『ヒックとドラゴン2』日本公開の鍵はソフトバンクの孫正義?

投稿日:

ここでも何度も取り上げている『ヒックとドラゴン2』の日本公開日が決まらないという問題。

現在も有志による署名活動が続き、同作の監督であるディーン・デュボアからの賛同とエールを受けるまでになってはいるものの、公開となるとまだ成果が出ていないのが現状です。

しかしある事が切っ掛けで、もしかしたらソフトバンクの孫正義が救世主になるかもしれないという話題です。

 

 

ソフトバンクがドリーム・ワークスを買収?

ハリウッド・レポーター紙が報じたところによると、ソフトバンクがドリーム・ワークスの買収交渉を進めているのだとか!

これまでも数々の大企業を買収してきたソフトバンクだけに、相手があのドリーム・ワークスだとしてもありえそうですよね。

こういった話でよく出てくる【関係者】の話によると、ドリーム・ワークス側も緊急で会議を開いて条件の検討しているのだとか。実現したら凄い話ですよね。

 

そうだ、孫正義さんに直談判しよう

ということで、買収の成功した暁には『ヒックとドラゴン2』の日本公開について孫さんに直談判すればいいと思うのです。

これは、冗談で無謀でもなく、かなり成功率の高いプランだったりします。

というのも、孫さんはTwitter等を通じて客の声に耳を傾けることで有名で、有意義だと判断したらその場で

「やりましょう」

と即断即答して実行しちゃうことがままあるのですね。

ということで、買収が成功したならみんなで直談判!続報を期待して待ちたいですね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-サブカルニュース
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.