役者

ドラマ版「ハンニバル」レクター役マッツ・ミケルセンのプロフィール!

投稿日:

海外ドラマ『ハンニバル』のレンタルで日本でも本格的なブームが到来しそうですが、なんといっても注目したいのはハンニバル・レクターを演じるマッツ・ミケルセン。

レクター博士といえばアンソニー・ホプキンスというイメージを払拭せんばかりの怪演で見るものを魅了してくれます。

ということで、今回はマッツ・ミケルセンの特集です。

 

マッツ・ミケルセンはプロのダンサー?

デンマークはコペンハーゲンのタクシー運転手の父親の元に生まれたマッツ・ミケルセン。

子供の頃は体操選手としてトレーニングに励んでいたそうで、それを活かしてプロのダンサーとして八年間活躍していたのだとか。

あの立ち振舞の美しさはそこから来ているのですね。1965年11月22日生まれの現在48歳という事ですが、こんなに美しい48歳もなかなかいないですよね。

その後、オーフスの国立演劇学校で演技を学んで何本かの短編映画に出演、その後ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『プッシャー』で劇場映画デビュー!

この映画、知る人ぞ知る名作でニコラス・ウィンディング・レフン監督の知名度を一気に高めた作品。その後『ドライブ』でライアン・ゴズリングとのコンビで世界をあっと驚かすのですが、『プッシャー』はその原点とも言える作品で、その三部作の一作目で主人公の相棒をマッツ・ミケルセンが演じています。

ちなみにこの時36歳、ずいぶん遅い劇場映画デビューですね。

 

マッツ・ミケルセンの代表作は?

彼の代表作といえばなんといってもこれ!

『偽りなき者』です。

今作で彼はカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。

冤罪のせいで集団ヒステリーの対象になってしまった難しい役を見事に演じています。

他にも『007 カジノ・ロワイヤル』では印象的な悪役を演じていますし、『ヴァルハラ・ライジング』では激しいアクションを主役でこなしています。

映画好きにはお馴染みな俳優ですが、一般層に名前が覚えられたのはやはり『ハンニバル』でしょうか。

 

マッツ・ミケルセンって結婚してるの?

こんないい男がほっとかれるはずがない、ということで結婚しています。

1987年の事というからダンサー時代ですね。22歳という若さで結婚し2児をもうけています。

こんなかっこいい父親……羨ましい。

 

マッツ・ミケルセンはトリリンガル?

彼は母国語のデンマーク語、英語の他に、ダンスの勉強でヨーテボリに留学していた事でスウェーデン語も話せるそうです。

トリリンガルとはさすが国際派スター。知的な風貌は伊達じゃありませんね。

 

といった具合に紹介してきましたが、まだまだ彼の魅力は語り尽くせません。

もし、『ハンニバル』で初めて知ったという方がいましたら、是非とも過去の出演作も見てその魅力を再発見してくださいね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-役者
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.