*

トム・ヒドルストンがBBCのスパイドラマ出演決定!

公開日: : 最終更新日:2014/10/13 海外ドラマ , ,

『マイティ・ソー』のロキ役でブレイクして以降ハリウッドでも引っ張りだこのトムヒことトム・ヒドルストン。

出演予定作も目白押しで多忙なトムヒが母国イギリスでBBCのテレビドラマに出演することが決まったという話題です。

 

ヒュー・ローリーと共演!

今回、トムヒ共に出演が発表されたのがヒュー・ローリー。

海外ドラマ『ドクター・ハウス』の変人医師がはまり役で日本にもファンの多い俳優さんですね。

 

 

ちなみにヒュー・ローリーもイギリス出身の俳優さん。

トムヒとの共演が非常に楽しみです。

 

どんなドラマ?ストーリーは?

このドラマのタイトルは『The Night Manager/ナイトマネージャー』です。

主人公が名門ホテルのナイトマネージャーをしていることからこのタイトルみたいですね。

ジョン・ル・カレ原作のベストセラー小説の映像化です。

主人公ジョナサン・パインはホテルのナイトマネージャーで元軍人という過去を持つ。

闇の世界の大物とつながりをもつソーフィーから、その大物の悪事の証拠の保管を依頼される。そのことに関係してソーフィーが殺されてしまい、というストーリー。

 

気になる配役は?

現在、トムヒとヒュー・ローリーの出演が決まっているだけで配役は決まっていない状態。

でもなんとなくヒュー・ローリーは裏の世界の大物が似合いそうですし、トムヒが主演のジョナサン・パインになりそうな気もしますよね。

 

この大物二人が出演するということで、すでにいくつかのアメリカのテレビ局から共同制作したいという申し出があるのだとか。

スパイもので人気俳優豪華共演ですから高視聴率は約束されたようなものですから、それもわかる話ですよね。

しかもシリーズ化も十分考えられる作品ですし。

ベネ様ことベネディクト・カンバーバッチの『SHERLOCK』も世界で愛されるキラーコンテンツになっていますし、BBCがドラマの王様として世界に旋風を巻き起こす予感です。

個人的にはトムヒが『SHERLOCK』に出演するかもという噂も気になるのですが、この多忙ぶりでは難しいですかね……。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
おすすめ記事

関連記事

no image

『エージェント・オブ・シールド』レンタル開始日&発売日が大決定!

『マン・オブ・スティール』に『アベンジャーズ』と映画界を席巻するアメコミ旋風、本場アメリカではドラマ

記事を読む

no image

『ホワイトカラーファイナル・シーズン6』レンタル開始日迫る!

今回はあの大人気海外ドラマの話題です。   『ホワイトカラー』がついにシーズンフィ

記事を読む

no image

『アナと雪の女王』が実写化!アナとクリストフを演じるキャストも決定!

劇場への動員数が1700万人を超え、『タイタニック』以来の記録更新、 興行成績でも260億円と

記事を読む

no image

打ち切り?完結?SHERLOCKシーズン4終了説の理由や原因は?

今回はあの人気海外ドラマに関する話題です。     海外ドラマ『S

記事を読む

no image

ノーマン・リーダスが演じるダリルはゲイでは無くストレート!?

日本でも大人気のドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』、楽しみにしている人も多いかと思います。

記事を読む

no image

同性愛カミングアウトのマット・ボマー『ホワイトカラー』が完結!

ブロマンスが描かれている海外ドラマで『SHERLOCK』と同じくらい好きなのが『ホワイトカラー』なの

記事を読む

no image

日本でもブレイク必至!大人気ドラマ『ガールズ』制作と主演レナ・ダナム!

『SEX AND THE CITY』『ゴシップ・ガール』に代表されるように、等身大の女性目線で描かれ

記事を読む

no image

海外ドラマ『フルハウス』が復活、新作『フラー・ハウス』でスピンオフ?

今回は日本でも大人気のあの海外ドラマの話題です。   世界中で愛された海外ドラマ『

記事を読む

no image

ノーマン・リーダスがゲイ?人気キャラダリルに同性愛の可能性!

『ウォーキング・デッド』見てますか? ゾンビものでありながら、家族もの、恋愛、バディもの、さら

記事を読む

no image

『SHERLOCK』シーズン4の放送開始日は?2015年に動きあり!

海外で熱狂的なブームを生み出し、日本でもファンが増殖し続けている人気の 海外ドラマ『SHERL

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑