アプリ

コグニティブコンピューティング題材にシュタゲが新作アニメ!

投稿日:

『シュタインズゲート』の新作アニメが作られた……だと……?

とマッドサイエンティストばりに驚いちゃったわけですが。これは事件ですよ、事件。

 

 

『シュタインズゲート』がIBMとコラボ!

今回のこの企画、日本IBMと角川とのコラボレーションで実現したもの。

コグニティブコンピューティングを題材とした短編アニメが四本公開される予定で、現在公開されているのは『キッチン編』の一本のみとなっています。

まだご覧になっていない方はこちら

リンク:IBM様『シュタゲ』短編アニメ

IBM様のページにジャンプしますので是非どうぞ。

 

コグニティブコンピューティングって何?

コグニティブとは経験的知識に基づくとか認知のといった意味がありますが、コグニティブコンピューティングはコンピュータが自ら学び、経験知識として使用、それによって膨大な情報を分析、統合して使用者に的確なアドバイスまでしちゃうというもの。

未来ですよ、未来。

こんなすんごい発明ですからシュタゲとコラボするのも納得ですね。

ちなみに現在公開されている『キッチン編』では、オカリン、まゆしい、クリス、ダルのお馴染みの面々が登場。

女子チームがコグニティブコンピューティングの助けを借りながら料理するというもの。条件をこちらから提示して、コンピュータがその情報から人間に的確な案を出してくれる、というコグニティブコンピューティングの高性能、汎用的な活用がうまく出ているアニメになっています。

いつかスマホにこのアプリケーションが搭載される日がきたら、今よりもずっと人間の相棒として活躍しそうですよね。

残りの3編のアニメの公開も楽しみです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-アプリ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.