ドラマ

ドラマ『贖罪の奏鳴曲』で青山真治、とよた真帆が夫婦タッグ!

投稿日:

以前も紹介したようにドラマとは思えないキャスト、監督で高いクオリティの作品を発表し続けるWOWOWから、またも楽しみな作品の制作が発表されました。

今回はこちらの特集です。

 

2015年冬ドラマ『贖罪の奏鳴曲』!

今作は中山七里さん原作の同名小説の映画化。

青山真治さんが監督を務めることでも話題になっています。

法外な報酬と引き換えに、どんな不利な裁判も必ず執行猶予を勝ち取る悪徳弁護士が、ある裁判を切っ掛けに秘密の過去が白日のもとに晒されるまでを描く法廷ミステリーとなっています。

『リーガル・ハイ』のようなライトなものも良いですが、重厚なミステリーもやっぱり良いものですよね。

有名ミステリー作家原作で、個人的にも大好きな作家さんの作品ということで今作は相当期待出来ると思います。

 

原作の中山七里さんって?

デビューは48歳と遅いものの、発表される作品の多彩さでも有名な作家さんです。

有名なエピソードがこちら、

 

 

音楽とミステリを見事にブレンドした『さよならドビュッシー』での話。

原作を読んだ時も、その文章からレコードのように音楽が流れ出しそうな描写に目を見張ったのですが、なんと中山七里さん音楽に関しては楽器も演奏できない素人だというのです。

また、執筆において資料を読んだり取材をすることが基本的に無い作家としても有名で、つまりはそれで執筆できるほどの頭脳を持っているという事なんですね。

そんな作家さんの原作ドラマですからこれは期待が高まります。

 

『贖罪の奏鳴曲』気になる出演者、キャストは?

今作で主演を務めるのが三上博史さん。

正統派な主役からダーティーな敵役まで幅広い演技に定評のある彼が今作の弁護士をどう演じるのか楽しみです。

 

その三上博史さん演じる主人公の過去の秘密に気付いてしまう刑事にリリー・フランキーさん。

『凶悪』で見せた鬼畜とも言える顔がもしかしたら本当の顔なのでは、と観るものに思わせたリリー・フランキーさんが、今作でもまた新たな表情を見せてくれるかと思うとこちらも楽しみですね。

 

その他のキャストにも魅力的な面々がキャスティングされていて、中でも一番の注目は染谷将太さん!

この若さで日本映画界の至宝とも読んでしまいたくなる名優ですが、今回はドラマでどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

と、ドラマとは思えない豪華な出演陣となっています。

 

青山真治、とよた真帆が夫婦タッグ!

今作のメガホンをとるのが青山真治さん。

宮崎あおいさんも出演していた『ユリイカ』などで高い評価を得て、世界でも知られる名監督です。

最近では田中慎弥さん原作の『共喰い』を菅田将暉さん主演で映画化し話題になりました。

そんな監督が今作を撮るというのですからどんなものが出来るのだろうとワクワクが止まりません。

ちなみに今作で主役の過去が暴かれる切っ掛けになる裁判の依頼人で、染谷将太さんの母親役を演じるとよた真帆さんは青山真治さんの奥さんなんですね。

重要な役だけに、青山さんのビジョンを映像化するパイプ役としても期待できそうです。

 

今回紹介した『贖罪の奏鳴曲』は2015年、1月24日からWOWOWで放送開始です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.