映画

伊坂幸太郎原作『グラスホッパー』実写映画化!気になる公開日は?

投稿日:

『陽気なギャングが地球を回す』から『オー!ファーザー』まで、数多くの小説が

実写化されてヒットしている人気小説家、伊坂幸太郎

そんな彼の原作からまた一つ、実写化される。

それが

グラスホッパー

なのです。

 

最初にこのニュースが出たのが4月の23日、【KADOKAWA LINEUP 2014 -2015】で

興行界向けに角川映画の新作ラインナップが紹介された際に名前が上がったこと。

その後も目立った情報はなかったものの、芸能プロダクションで『グラスホッパー』の

エキストラの募集があったことで再び話題になった。

この募集内容によると、撮影日程は7月7日から8月末日。

もうじきに撮影が始まるのに監督さんも役者さんも発表になってないのでファンとしては

気になってしょうがないところです。

 

魅力的な登場人物たちの入り乱れる作品なので、キャストも早く知りたくてウズウズです。

個人的には槿(あさがお)役には滝藤賢一さんを!と真っ先に思ってしまったり。

でも、この小説一番の人気を誇るのは蝉ちゃんでは無いでしょうか。

蝉ちゃんはこ○し屋の若者なのだけど、大須賀めぐみさんの「魔王」のコミカライズ作品

で登場する容姿が金髪、美形悪人顔、うさ耳というエキセントリックな姿で、そこから愛着

を持つファンが爆発的に増えたキャラクター。

更にその後、伊坂幸太郎原作で蝉ちゃんのスピンオフ作品『waltz』まで作られる始末。

公式が病気みたいな。良い意味で。

 

もちろん、今回の実写化は小説『グラスホッパー』の映画化なので、大須賀作品の蝉ちゃんが

登場するわけではないけれど、それでもやっぱり気になっちゃいますよね。

若い役者さんで刺すような雰囲気を持っていてアクションもいけるとなれば、菅田将暉くんか

池松壮亮くんにお願いしたいところ。

 

監督さんも気になりますよね。

もし、中村義洋監督ならば濱田岳のキルオの登場なんかも期待出来そうですけど、どうなんでしょう。

 

コミカライズされた漫画作品や、実写映画なんかを見ていると伊坂先生は監督さんや漫画家さんに

ほとんどお任せしてその色に染めてもらうのを楽しんでいる節があるので、監督さんによって

全く違う出来になりそうなので、監督だけでも発表があればなー、と思います。

 

当初の情報では2015年公開とのことですし、来月から撮影開始とのことで年明け早々の

公開もあるかもしれませんね。

でもなにより、小出しでいいので情報はよっ!って感じです。

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , , , , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.