アニメ

細田守監督新作アニメ『バケモノの子』舞台は渋谷!

投稿日:

2015年に大きな話題になりそうなアニメ映画の話題です。

 

細田守監督最新作『バケモノの子』!

やっと来ましたね、細田守監督の新作映画。

とはいっても概ね三年ごとに一本というペースで制作されているようなので、そろそろと思っていたファンも多いかもしれません。

細田監督を一躍有名にしたのが『時をかける少女』、その後『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』とヒット作を連発します。

 

しかし、業界内ではもっと早くから注目されていて、1999年の『デジモンアドベンチャー』などで注目されたようです。

これはあまり知られていないようなのですが、スタジオジブリの『ハウルの動く城』、じつは細田守監督の作品になる筈だったんですよね。

しかし制作上の問題から降ろされ宮﨑駿さんが監督することに。

細田守監督はこの事でアニメ業界にいられなくなるのではとすら思ったほどの事件だったようです。

しかしその後見事に結果を出して今日に至る、というわけです。

 

『バケモノの子』の舞台は渋谷!

今作の制作の切っ掛けは都市部での冒険ものを描きたいと監督が思ったことから。

慣れ親しんだ街の中にわくわくすることが潜んでいる、渋谷は有名な街なのに舞台にしたアニメが少ないと監督はコメントしています。

例えば秋葉原を舞台にした『シュタインズゲート』や池袋を舞台にした『デュラララ』など東京を舞台にした作品は多々ありますが、渋谷を舞台にしたものって確かに思いつかないんですよね。

これは、その街の文化やイメージからくるのでは無いでしょうか。

秋葉原や池袋はサブカルチャーの発信地として有名ですが、渋谷はファッションやトレンドの街というイメージが一般的かと思います。

そのため、アニメを制作する人やターゲットとなる層には馴染みが無いため舞台になりにくい、そんな気がします。

でも考えてみればあの街の雰囲気で冒険ものってとてもワクワクしますよね。

 

今作は、親と離れてしまって人ボッチで渋谷で生きる少年と、異世界でバケモノの住む世界【渋天界】でひとりぼっちのバケモノを軸に進んでいきます。

少年はバケモノの世界に迷い込み、ひとりぼっちのバケモノに弟子入りする、そこまでが明かされている物語なのですが、少年とバケモノの心の交流の物語になるようですね。

 

『バケモノの子』の声優は?

今作に声優のキャスティングはこれからということですが、監督曰く登場人物がおじさんばかりなのでどうしよう、とのこと。

細田監督は作品に声優のみならず役者さんを起用することも多いので、大森南朋さんや堺雅人さんなんてビッグネームの起用もあるかもしれませんね。

 

そんな気になる『バケモノの子』は2015年7月11日に公開予定になっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-アニメ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.