役者

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの結婚相手ターシャ・マッコリーのプロフィール!

投稿日:

年末年始は日本でも、染谷将太さんと菊地凛子さん、東出昌大さんと杏さんといった有名俳優の結婚のおめでたいニュースが発表されましたが、海外でもおめでたいニュースがありました。

今回は個人的にも大好きなこの俳優さんのニュースです。

 

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが結婚!

 

この動画では向かって右側なのがジョセフ・ゴードン=レヴィット。

いやー、本当にいい男ですね。

現在33歳ながらキャリアは意外に長く、映画デビューは1992年、ブラッド・ピット主演の『リバー・ランズ・スルー・イット』です。

約23年前ですから十歳の頃ですね。

その当時から賞を受賞するなど評価も高かったようですが、子役の頃からハリウッドで活躍していると見を崩すことが多いイメージ(ファーギー、マコーレ・カルキンと枚挙にいとまがありません)なのですが、彼の場合は順調にキャリアを積み重ねてきた様子。

顔立ちが爽やかなイケメンだからかクリーンなイメージがありますよね。

 

また、海外ドラマにも多く出演しており、昔のものを見ていると意外なところでめにすることがあることも。

かくいう私も、知人に勧められて見ていた『NUMBERS』のファースト・シーズンの後半で若かりし彼を発見したことがあり、なんだかお宝映像を見つけちゃったような気に。若い頃はまた美少年!っという感じで美しいんですよね。

 

そんな彼もついに結婚、ということですが、ではいったいその相手とはどういった人なのでしょうか。

 

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの結婚相手ターシャ・マッコリーのプロフィール!

彼女の事を調べようとWikipediaなんかも覗いたのですが、載ってないんですよね。

それもそのはず、彼女は一般人なのです。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット自身も、

「恋人はいるけど、彼女については公には話さないことにしているんだ。彼女は芸能界の人じゃない。彼女もかかわりたくないようだ」

と話していますし、今回の結婚でもパパラッチには自粛して欲しいところですよね。

しかし彼女、一般人とはいってもとても凄い人なのです。

泣く子も黙るNASAも注目しているという、ロボットやセンサーを製造する会社であるフェロー・ロボッツの共同設立者のしてCEO!

さらに英語の他にもスペイン語とアラビア語を話すトリリンガルですし、シンギュラリティー大学でロボット工学の学位も取得、さらにさらに現在は南カリフォルニア大学で経営学修士の勉強中と才女中の才女。

 

これはある意味ジョセフにも劣らない社会的地位の持ち主といえると思います。美人ですし才能もあるとはまさに才色兼備ですよね。

そんな彼女ですが、ジョセフが大スターであるために、彼に近寄る女性恐怖症なんて可愛らしい一面もあるのだとか。本人にすれば深刻な問題で、可愛らしいなんて言ったら失礼なのでしょうけど。

最近は監督業も積極的にこなしているジョセフ・ゴードン=レヴィットですが、これを機にお仕事のペースがゆっくりになるのかも、という話も出ていて少しさみしいですが、幸せな結婚生活を送ってくれることを願いたいですね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-役者
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.