ドラマ

『進撃の巨人』が実写ドラマ化!イズル役平岡祐太も参戦!

投稿日:

今回は大人気コミックが実写ドラマ化という話題です。

 

『進撃の巨人』が実写ドラマ化!

今年大注目の大作映画といえば『進撃の巨人』ですよね。

原作コミックは社会現象とも言えるメガヒット、アニメ化した作品も異例のヒットを記録しています。

そんな人気作品から、このたび実写ドラマ化が発表されました。本当なら昨日の発表にしたかったものをエイプリルフールに発表するとネタなのかと思われるため一日ずらしたのかな、なんて個人的には思ったり。それくらい驚きな発表ですよね。

残念ながらこのドラマ、地上波での放送では無いんですよね。

現在はdビデオと言う名前の動画コンテンツ配信サイトがリニューアルした、dTVでの配信となるようです。

 

このドラマ、映画版と連動した作品になるということで、『ハンジ編』『サシャ編』『フクシ・リル編』のという3つのストーリーを主軸に描かれるのだとか。もちろんタイトルロールのキャラクター以外にも、水崎綾女さんが演じるヒアナ達の面々も登場するのだとか。

そして、現在話題を集めているのはドラマ版でのみ登場するオリジナルキャラクターの存在なのです。

 

平岡祐太がイズル役で参戦!

今回の発表で『進撃の巨人』実写版でイズルとしての出演が発表されたのが平岡祐太さん。

現在、この役に対する情報は一切出されて無く秘密のベールに包まれています。

しかし『進撃の巨人』といえば、そのキャラクターにモデルがいたり軍艦の名前が付いていたりというのも有名な話ですよね。

以前こちら、

リンク:映画『進撃の巨人』長谷川博己演じるシキシマの秘密とは!?

の記事でも紹介しましたが、オリジナルキャラクターのシキシマにもこのような秘密がありました。

今回もイズルでなにかモデルになりそうなもの、といった目線で探してみた結果、これかなというものがヒットしました。

 

それは、明治の軍人である津田出(つだいずる)さん。

生まれは天保3年、幕末の武士だったそうです。

紀州の生まれなのですが、若くして蘭学を修め、教授として江戸の藩邸で教鞭をとったのだとか。

その後は藩に戻り、藩政に貢献、あの廃藩置県や徴兵令にも影響を与えた方なのだとか。

さらに、西郷隆盛や山縣有朋という超有名人と並んで並んで日本陸軍の三恩人とも呼ばれているのだとか。

 

もし、この方がモデルなのだとしたら先生か指導者といった役柄の可能性が出てきますね。

平岡祐太さんはメガネも似合う知的な顔立ちをしていますしピッタリかもしれません。

まあ蓋を開けてみたら全然違った、なんてこともありそうですがw

 

ということで特集してきましたドラマ版『進撃の巨人』ですが、8月からのdTVでの配信開始となっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.