ドラマ

ドラマIQ246のイケメン刑事山田次郎役俳優は宮尾俊太郎!

投稿日:

今回はこの秋最大の注目作と言われるあのドラマの話題です。

 

 

放送前から話題沸騰!?ドラマ『IQ246』に注目!

いよいよ放送開始した2016年の秋ドラマ、エンディングのダンスが可愛すぎる『逃げるは恥だが役に立つ』、志田未来さんがまさかのラップを披露した『レンタル救世主』と話題作も飛び出していますが、放送前から話題沸騰となっているのがTBSの日曜劇場『IQ246』。

 

織田裕二さんに中谷美紀さん、ディーン・フジオカさんに土屋太鳳さんと映画でも主演クラスの豪華な面々が一堂に会しているのはもちろん、先日放送されました『オールスター感謝祭』での土屋太鳳さんの激走に胸を打たれた人も多いのではないでしょうか。

その頑張りに涙する中谷美紀さん、サポートする織田裕二さん達を見ていると現場の雰囲気の良さも伺えました。

 

また、放送される日曜劇場もこれまで『半沢直樹』や『下町ロケット』といったメガヒット作を放送してきたTBSの看板枠ですからその視聴率にも期待がかかります。

今回はこの話題作『IQ246』から気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

捜査一課の刑事山田次郎を演じる俳優は宮尾俊太郎!

山田次郎は捜査一課の刑事。

灘高校に東大、ハーバードと日本のみならず世界の難関校を主席で卒業という驚異の秀才。

しかも拳銃の扱いや柔術に秀で、多数の外国語にも堪能という逸材なのだが名前が地味なために沙羅駆に名前を毎回間違われ、「山田だ」と訂正するのがお約束のようになっている。

自身を超える天才で危ういところのある沙羅駆は犯罪者になるのではないかと危惧している。

 

 

そんな山田次郎にキャスティングされたのは宮尾俊太郎さん。

イケメンですよね。

まだまだ映像作品の俳優としては知名度も低い宮尾俊太郎さん、簡単にではありますが紹介してみようと思います。

 

宮尾俊太郎さんは1984年2月27日生まれ、出身地は北海道札幌市。

キャリアのスタートはバレエダンサーとしてなのですが、バレエを始めたのはWikipediaによると14歳の頃なのだとか。

普通バレエは小学生に上がるタイミング付近で始める事が多いと聞きますし、これはかなり遅いと言えるのかもしれません。

 

そして17歳の時にカンヌ・ロゼラハイタワーに留学。

カンヌ・ロゼラハイタワーというのはカンヌになる老舗のバレエスクールだそうです。

そして帰国後は2004年にあの日本が世界に誇る熊川哲也さんのK-BALLET COMPANY に入団。

2009年にはファーストソリストに昇格します。

 

今回の出演では主人公を演じる織田裕二さんとの共演シーンが多いようですが、翻弄される事が多い様子。

多少コミカルな感じになるかもしれないのでどのように演じるのかとても楽しみです。

存在感のある名優が多数出演する今作、宮尾俊太郎さんがどのように存在感を出していくのかにも注目してみてくださいね。

 

ちなみに山田次郎の相棒、今市を演じる真飛聖さんについてもこちらの記事で特集していますので合わせてご覧下さい。

リンク:日曜劇場ドラマIQ246今市に真飛聖、助手足利に矢野聖人が出演

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.